ナビマニラ フィリピンと日本をつなぐマニラ発生活情報

天気

為替

#まにら散歩 クバオ・エクスポ  

2020年2月10日

マニラを愛するマニラブによるマニラの街歩き
マニラブが日々の街歩きの中で気になったものをご紹介!
Instagramで毎日の #まにら散歩 の様子も公開中 ▶ @manilovemedia

 

“The Artsy Hub” ヴィンテージの魅力と若者のエネルギーが出会う場所

CUBAO EXPO
クバオ・エクスポ

 フィリピンで「ヒップスター」と呼ばれる流行に敏感な若者が、今、旬の場所として選ぶスポットのひとつに“Cubao Expo”(以下「クバオ・エクスポ」)があるのをご存知でしょうか? ここは、かつて「マリキナ・シュー・エクスポ」という場所でした。フィリピンの「靴の首都」として有名なマリキナ市で作られた靴の販売店が連なる一角だったのです。その面影を残しつつも、今や”Artsy Hub”(アート性のあるハブ)と呼ばれる場所へと変化を遂げています。今回の #まにら散歩 では、「レトロ」と「モダン」が混在する不思議の国「クバオ・エクスポ」を散歩してきました。

 

クバオ・エクスポ入口から中を見た様子 U字型の小さい敷地にあるクバオ・エクスポの入口では、SMILEという文字の路面表示がお出迎え♪

人懐っこい猫がたくさんいるのも特徴のひとつ 敷地内に住む街ねこやお店で飼われている猫など、毛並みの美しいさまざまな猫と出会える癒されスポット。

 クバオ・エクスポは、マニラ首都圏の中で北側に位置するケソン市にあります。マニラの大動脈であるEDSA通りを北上し、MRTクバオ駅で右折するとすぐに到着します。閉店が早いヴィンテージショップやアパレルショップを見るために夜6時ごろに着いてぶらぶら散歩し、その後レストランで食事、さらにバーでゆっくりするのが、理想的な時間の使い方です。夕方早い時間には、まだ開いていないお店もたくさんあるので、ご注意を。

 

オシャレな若者が買い物に来るスポット 小粋な一角であるクバオ・エクスポには感度の高いアパレルブランドも軒を連ね、ハイセンスな若者も自然と集まる

地ビール片手に夜な夜な語り合う若者たち フィリピンの地ビールが楽しめる「Fred’s Revolucion」。1月号で紹介したエスコルタ通り店以外の店舗はここだけ!

 U字型の敷地に建設された当時の建物を、新たにアーティスティックな雰囲気の場所として作り直し、2000年にクバオ・エクスポとして新たにスタートしました。レコード屋さんやヴィンテージショップが軒を連ね、コレクターたちが目を輝かせながら商品を探す風景もこの一角の特徴です。また、新鋭のストリートウェアブランドも、ヴィンテージショップと約同数出店していて、感度の高いアーティストやクリエイター、スケーター、サーファー、ミュージシャン、そしてグルメ通の誰もが心地よく過ごすことができるのがクバオ・エクスポです。かつて靴の販売所だったこともあり、今でも靴屋さんや靴の修理屋さんが数か所残っています。ヴィンテージの魅力と若者のエネルギーが出会う場所へ、週末お出かけしてみてはいかがでしょうか?

古き良き時代を思わせる素敵な理髪店 若者が通うイメージがあまりない理髪店ですが、今はクラシックで洒落た雰囲気のお店が増えてきています。

ヴィンテージショップでタイムスリップ 収集家が興奮するようなヴィンテージショップがたくさん! 意図せぬ掘り出し物が見つかるかも?

 

WALKER / WRITER

小池ゆかり
初の海外年越しは、マニラ歴1年目のフィリピンでした。無数の花火と共に祝う派手な祝い方にあっけを取られ、海外の年越しの文化比較に興味を持つようになり、昨年はセネガル、今年は韓国で年越しをしました! 年越しにおすすめの国があれば、ぜひ教えてください^^
マニラブコンテンツ制作事業リーダー。大学時代にフィリピン語を習得し、マニラ移住を決意。マニラ歴2年半。

 

 

 

マニラの生活・旅行メディア「マニラブ」 現地在住の20・30代の日本人がお届けするマニラの生活・旅行情報メディアです。 インスタグラムで毎日おすすめ情報を発信しています。日頃の取材風景なども公開し ているので、ぜひチェックしてみてください。
Instagram:@manilovemedia
公式ホームページ:http://manilove.net