ナビマニラ フィリピンと日本をつなぐマニラ発生活情報

天気

為替

#まにら散歩 アンゴノ

2020年8月1日

マニラを愛するマニラブによるマニラの街歩き
マニラブが日々の街歩きの中で気になったものをご紹介!
Instagramで毎日の #まにら散歩 の様子も公開中 ▶ @manilovemedia

 

 

“Where Art Exists in Daily Life”

 

生活とアートが共存する街

 

 

ANGONO

 

 

アンゴノ

 

 

 

 マカティから車で約1時間の場所に、”Art Capital of the Philippines”(芸術の首都)と呼ばれる街があります。
 多くの芸術家を輩出したこの街には、人々の生活の中にアートが入り込んでいて、街歩きをしているだけでアートを感じることができます。
 今回の #まにら散歩 は、日本人にはあまり知られていないアートの街”Angono(リサール州アンゴノ)”をご紹介します。
 アンゴノへは、配車アプリ「Grab」を利用して手軽に行くことができます。アンゴノに到着したら、まずアートを感じるレストランへ。レストラン「BalawBalaw(バラウ・バラウ)」では、アリやかたつむり、ウサギの料理など一風変わったお料理が目玉メニューです。オーナーや地元アーティストによるアート作品を鑑賞することができます。

 

アンゴノでは日常の風景にアートが入り混じる 街歩きをしているとそこら中にアートを感じ、生活とアートが共存している様子がよくわかります。

アリが食べられるレストラン!?「Balaw Balaw」アートを鑑賞できるだけでなく、ユニークなメニューが自慢のレストラン。旅の思い出におすすめの一店です。

 

 

 早めにランチをとった後は、小高い丘の上にある洞窟の岩壁に描かれたロック・アート「Angono-Binangonan Petroglyph(アンゴノ・ビナゴナン・ペトログリフ)」を見に行きましょう! 紀元前2000年以前に刻まれたとも言われており、フィリピン最古のアートで、考古学的にも非常に重要なペトログリフ(岩面彫刻)です。
 自然に刻まれたアートの後には、アンゴノが誇る芸術家一家であるBlanco家の美術館「Blanco Family Art Museum(ブランコ・ファミリー・アート・ミュージアム)」へ足を運んでみましょう。時系列で作品が並べられている新感覚の展示方法で、一家の成長と共に作品の変化を楽しむことができます。

 

フィリピン最古のアート「ペトログリフ」 岩壁に刻まれた127の人間と動物で構成されている岩面彫刻。トライシクルの運転手と交渉して行きましょう!

アンゴノが誇る芸術一家の美術館 多くのアンゴノ出身の芸術家の中でも有名なBlanco一家の迫力溢れるアートを鑑賞することができます。

 

 

  夕暮れ時になったら、ぜひ街の外れにある湖に面した公園「Angono Lakeside Park(アンゴノ・レイクサイド・パーク)」へ。夕方になると多くの地元のフィリピン人でにぎわい、彼らの生活音を聞きながら、絶景の夕日を楽しむことができます。
 アンゴノにはまだまだたくさんのアートスポットがありますので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

 

「シシグ・ピザ」が美味しいアートカフェ 地元アーティストの中でも若手の作品を中心に展示したカフェ「AngNewNo Arts Design Cafe」。

湖に面した公園から望む美しい夕日 帰りが遅くなるとGrabが捕まりにくくなるので、夕日を見て休憩したら早めに帰路に着くのが◎

 

 

 

WALKER / WRITER

 

小池ゆかり

家で過ごす時間が増え、酷使しすぎたか、ついにクーラーが故障してしまいアツい日々を過ごしています(苦笑)それでも、借りている家への愛着が日に日に深まり、マニラで無事に生活できていることに感謝しています^^ コロナ禍前の外での時間も恋しいですが…!       マニラブWEBメディア編集長。大学時代にフィリピン語を習得し、マニラ移住を決意。マニラ歴3年。

 

 

 

マニラの生活・旅行メディア「マニラブ」現地在住の20・30 代の日本人がお届けするマニラの生活・旅行情報メディアです。
WEBメディア、YouTube、Instagramで、マニラのホットな情報を発信しています。

Instagram:@manilovemedia 

公式ホームページ:http://manilove.net 

YouTube はこちらから

                                          WEBメディアはこちらから