ナビマニラ フィリピンと日本をつなぐマニラ発生活情報

天気

為替

latest stories

新着記事 Latest Stories

フィリピンで酪農を始めて10年を迎える八巻さん夫妻。酪農に不向きなこの国で敢えて挑戦し、牛乳をはじめ乳製品を開発して流通まで手掛けてきた八巻さんに、フィリピン、そして日本の酪農への思いを聞きました。

マニラ市のフィリピン総合病院に廃棄されていた12台のベッド。その光景を見たアーティスト、トイム・イマオ氏は、それらのベッドでコロナ禍で亡くなっ医療従事者の方々へ捧げるアートを制作しました。そのアートに込められた思いとは・・・・・・

マニラを愛するマニラブが、今、きれいに、そして雰囲気も良くなっているというマニラ湾沿いを紹介。気軽にリラックス&アドベンチャー?に挑戦&ラグシュアリー?な気分を楽しめる「マニラ湾沿い」の楽しみ方を伝授します!マニラブメンバーによる動画もお楽しみ!

スペインの船団がフィリピン来てから500年に当たる2021年。マゼラン、セブの族長フマボン、英雄ラプラプをめぐる顛末を日・英・タガログ語通訳のデセンブラーナ悦子さんが解説。フィリピンがスペインの統治を受け入れた理由とは!?

コロナ禍に負けじと撮影快調なナビマニチャンネルの見どころを、マニラ女子YouTubersの2人が紹介します。これまで公開した動画の感想あり、裏話(?)あり! ナビマニチャンネルは毎週日曜午後5時配信!

連載 セブ通信 今、セブではペットを飼うのがブームで、ペットショップも繁盛しているようです。 セブ日本人会の蝶谷正明さんによると、この状況は昔とは隔世の感があるのだとか。また熱帯魚ファンにはうらやましいセブの情報も。

コロナ禍のため、強化コミュニティ防疫(ECQ)に戻ってしまったマニラ。1年前のECQ中である事件を経験した記者が、最近知人からある話を聞きました。やっぱりマニラはあぶない、怖いのでしょうか・・・・・・。

連載:北の町バギオから バギオの名所バギオ・パブリック・マーケットが老朽化に伴い、再開発が進行しようとしています。しかし、大手資本による開発計画に地元民や芸術家が「NO」。反町眞理子さんのレポートです。

マニラで発行されている英字新聞の記事の中から、気になる話題を選んでお届けします。今回の話題は、就職前の健康診断でまさかの発見/フィリピン製コロナワクチン開発へ

今、日本では台湾パイナップルが人気で、また、台湾カステラも注目を集めているらしい。マカティでその台湾カステラを見つけて食べた記者のつぶやき。

日本のメロンといえば、高級なマスクメロンを思い浮かべますが、先日マカティのスーパーマーケットでその名もジャパニーズメロンが売られていました。見た目は「??」でしたが買ってさっそく実食。

カレーにはいろいろありますが、見た目ではひょっとして最もインパクトがあると思われるのがフィッシュヘッドカレー。シンガポールやマレーシアなどで有名なこのカレーを楽しめる店がマカティにもありました。偶然見つけた記者がさっそく食べてみました。