魔訶ふぃりぴん:日本料理を食べて楽しむフィリピン人を見ることは、マニラでは珍しくありません。そして最近は日本料理店を経営するフィリピン人も増えているようです。ブルゴスに開店したYugi Restaurantのオーナーに話を聞きました。

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(6):獣医師の畠中さんは、アラバンで出会った目も見えない状態の子猫を放っておけず、保護しました。その猫との暮らしについて、またフィリピンでペットを飼う場合の心構えを聞きました。

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(5): ポーラさんがマカティでいっしょに暮す3匹の猫の関係は、なかなか複雑なようです。猫は家について、人にはなつかないと言われることがありますが、ポーラさんの持論は?

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(4): マカティで2匹の猫と暮らす有路さん。ペルシャ猫を飼っていたはずが・・・と疑念が生じ、睡眠を妨害され、猫の食事に腕をふるうことになった有路さんが行き着いた猫を飼う境地とは?

魔訶ふぃりぴん:地方に住むフィリピン人の友人が家を建て、新築祝いの様子が写真で送られてきた。伝統にのっとって行われたというセレモニーは驚きの内容だった・・・・・・。

3月にスタートしたナビマニチャンネルでは、YouTubersがマニラのいろいろおいしい店やメニューを紹介しています。そこで、配信中の「食べ物系」動画を集めてみました!

フィリピンに今年も雨季がやってきました。フィリピンの気候に影響を与える南西季節風ハバガットと北東季節風アミハンとその伝説を日英・タガログ語通訳のデセンブラーナ悦子さんが解説します。

セブに雨季の到来を告げる果物、ジャックフルーツ。完熟すると独特のにおいを放ち、食べるとほくほくとした食感。セブ日本人会の蝶谷さん宅では意外な料理に使われていると知ってびっくり!

実用的な機能とファッションを両立させたオンデーズのメガネ。視力のために必要なメガネはもちろん、フィリピンの紫外線対策に使いたいサングラスやPC用ブルーライトカットもそろうオンデーズに注目!

マニラで日本料理を食べたい!と思い立ってはみたものの、ラーメン、カレーライス、寿司、とんかつ、焼肉、定食・・・・・・迷って決められない。そんな時はマカティのグロリエッタ2にあるジャパンタウンへ! 7軒の店から選べます!

フィリピンの語学留学といえば、ビーチリゾートのセブが有名ですが、ルソン北部の高原都市バギオも留学先として人気なのです。コロナ禍の中、奮闘する語学学校について、反町眞理子さんがレポートします。

魔訶ふぃりぴん:ゼリーが好きでたまらない記者にとってうれしいことに、マニラにはいろいろカラフルなゼリーや寒天が売っています。そこで、ユニークな形のゼリー型でつくってみました。どうしてこんなゼリー型があるの? と思ってしまうものも。

先月5月6日からオンラインで行われたアートフェア・フィリピン2021(Art Fair Philippines 2021)をマニラ在住のアーティスト、山形敦子さんがレポート。アートフェアとは?そして、フィリピンのアートフェア事情を解説。

ナビマニチャンネルのプレゼンターでマニラ女子YouTuberのまーちゃんに、プライベートに関するいろいろ質問をぶつけてみました。意外な一面を知ってナビマニチャンネル動画をさらに楽しめるようになりますよ!

フィリピン人なら知っている謎の病気パスマ。フィリピンで信じられているパスマの原因とは? フィリピンに暮らすなら知っておくべき迷信(?)を日英・タガログ語通訳のデセンブラーナ悦子さんが解説します。

マニラには日本人の児童・生徒が通う日本人学校がありますが、セブには日本人補習授業校があります。1980年代初めに開校した授業補習校の変遷、現在のコロナ禍の状況をセブ日本人会の蝶谷正明さんが紹介します。

フィリピンで、地元の 日本ブランドファンの期待に応え、日本のファンを増やしてくれている@Tokyo(アット東京)。アネロのバッグやセイコー、カシオのウォッチ人気モデルなど在留邦人にもぜひ知ってほしいマニラのセレクトショップ@Tokyoを紹介します!

ナビマニラ6月号/2021年(Vol.78)巻頭企画:インタビュー オタク in マニラ Interviews with Otaku in Manila / 連載コラム:フィリピノ・ワールド/#まにら散歩/セブ通信/北の町バギオから/マニラ・アート徒然/ナビマニチャンネル マニラ女子YouTubersに聞く20の質問

コーディリエラ山岳地方郷土料理のイベントが、先頃バギオで行われ、伝統の食文化とともに斬新な創作料理も披露されました。コーディリエラ・グリーン・ネットワークの反町眞理子さんのレポートです。

魔訶ふぃりぴん:ちょっと前ですがマニラ郊外リサール州のアビロン動物園に行ってきました! 正直、あまり期待してませんでしたが、行ってそのスケールにびっくり。いろいろな動物とのふれあいも楽しめました!ナビマニチャンネル動画もお楽しみください!

魔訶ふぃりぴん:引っ越した新しいオフィスの近くにあるアジアスーパーマーケットで見つけた「出前一丁」。フィリピンのローカルスーパーマーケットにも日本では見ないフレーバーの出前一丁はありますが、こちらで出会ったのは棒ラーメンバージョン。さっそく買って食べてみました。

ワインがあれば、レストランでのディナーやホームパーティー、パンデミック中の家飲みだってグッと華やいだ雰囲気になり、なんだかときめくひと時になります。ワイン愛好家に親しまれ、3月に設立5周年を迎えたエステートワインの渡辺千穂さんにフィリピンのワイン市場やワインの魅力を聞きました。

ナビマニラ5月号/2021年(Vol.77)巻頭企画:お酒がつなく人との出会い。もっと自由に楽しむワイン 〜Estate WIne 渡辺千穂さんインタビュー〜/ 連載コラム:フィリピノ・ワールド/#まにら散歩/セブ通信/北の町バギオから/マニラ・アート徒然/マニラ女子YouTubers語る ナビマニチャンネルの見どころ

マニラ女子YouTubersが語る「ナビマニチャンネル」の見どころ。 フィリピンのトレンドフード「ダルゴナコーヒー」つくりに挑戦し、ローカル市場のカルティマールを探索、そしてコロナ禍の今でも楽しめる日本人に人気のホテルヘラルドスイーツへ!

フィリピンの国花といえば、サンパギータ。意外ですが私たちはこの花を飲んでいた? そしてこの可憐な花にまつわる伝説や、今も続くサンパギータ国花論争について、日・英・タガログ語通訳のデセンブラーナ悦子さんが解説します。

セブ市近郊リロアンの日本人墓地で彼岸の墓参の会が行われ、セブ日本人会関係者らが参加しました。かつてセブに生きた先達をしのび、またこれからセブを終焉の地と選ぶ日本人在住者を思い、セブ日本人会の蝶谷正明さんが語ります。

マニラ首都圏マカティ市の高級住宅街、ロックウェルセンター。日本人も多く住むこの地区のコンドミニアムの名前がフィリピンの画家たちの名前にちなんでいるって知ってましたか? フィリピン芸術史に名を残す芸術家を紹介します。