ナビマニラ フィリピンと日本をつなぐマニラ発生活情報

天気

為替

新着記事 Latest Stories

Qシネマ:ケソン国際映画祭がオンラインでフィリピンおよび海外の作品を16本配信。河瀨直美監督「True Mothers」(朝が来る)などの話題作やデビッド・リンチ監督「マルホランドドライブ」がデジタルリマスター版で登場!

フィリピン料理といえばシニガンやアドボ、シシグなどが有名なところ。ですが、記者が一番好きなフィリピン料理は、パーレスです! まだ食べたことがない方はぜひ!

「日本映画祭プラス:オンライン・フェスティバル」が11月20日に開幕!話題作に古典的名作、アニメなど日本映画28本を無料配信。11月29日まで! フィリピン人の友達にもぜひ教えてあげよう!

台風ユリシーズによって甚大な洪水被害を受けたルソン地方北部。ダムの放水が原因とされる中、被災地の町長は森林破壊や自分たちの生き方を振り返るべきと語ります。バギオ市の環境NGO反町眞理子さんの緊急寄稿。

コロナ禍は、クリエイティブシティ・バギオのアーティストや手工芸の職人にも影響を与えています。そんな中、オンラインビジネスに活路を見出し、伝統工芸を守るべくいろいろな人が支援を始めました。貴重な文化を守る活動を反町眞理子さんがレポ―ト。

台風ユリシーズによる洪水被害を受けたカガヤンバレーの住民、農家の支援をバギオの環境NGOコーディリエラグリーンネットワークと環境ショップEco Martが開始。銀行振り込みによる募金およびバギオでは現物支援も受付中。

社会、文化によって受け入れられたり、またはネガティブなイメージを持たれたりするタトゥー。はたしてフィリピンでは? 身近に意外にタトゥーが多いことに気付いた記者のつぶやき。

バギオでアートの祭典「IBAGIW: The Baguio Creative City Festival 2020」開催中。地元アーティストや工芸家たちによる伝統工芸品からガーデニングにいたるまで、クリエイティブシティ・バギオならではの独創的な作品の数々をご覧あれ。

「マギンハワ映画祭」(Maginhawa Film Festival )が今回はオンラインで開催され、フィリピン映画の短編作品が11月11日から22日まで計26作品配信されます。ファンタジー、ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、サスペンス、ホラーなど話題の短編映画がズラリ。映画ファンの方はお見逃しなく!

やわらかくてジューシーで、そしてサクサクっとした食感。さらにシャキシャキッとしたキャベツ。日本人なら恋しくてたまらなくなるとんかつ。マカティで本物のとんかつを提供する「とんかつ屋アクロシティ店」がこのたび2階席を増設。ゆったりとした店内で、とんかつを味わいましょう。

マカティのスーパーマーケットのレジでは紙袋に入れてくれていたが、パンデミックが始まってからプラスチック袋になった・・・・・・。自称「地球にやさしい記者」のつぶやき。

フィリピン人は信心深く、迷信も信じる人たち。日常の生活の中で、迷信に基づいて行動するのを目にすることもよくあります。記者が経験したフィリピン人あるあるの一部を紹介!

巻頭特集  Feature Articles

カビテ州タガイタイで、農業廃棄物を原料にさまざまな紙製品を生み出すMASAECO INC.社の佐久間航さんインタビュー。フィリピンの自然素材と日本の和紙の技法から生まれる紙、そしてその紙からつくられる製品はフィリピンから海外市場へ。今こそ知るべき紙の魅力とは。

フィリピンにいながら日本の「読書の秋」をされてはいかがでしょうか。コロナ禍で家で過ごす時間が多い今年は、本のおもしろさに気づいた人も多かったのではないでしょうか。在留邦人に「読んでよかった」「人にすすめたい」1冊を聞きました。

アジア14カ国語の魅力を専門家と学習体験者が語る『アジアのことば魅力旅』の著者中原秀夫さんインタビュー。日系企業駐在員としてフィリピンに20年在住し、マカティ市で語学学校を開校した中原さんにアジア、語学、そして「国際人」について聞きました。

全ての記事を表示

旅・街歩き TRAVEL

バギオでアートの祭典「IBAGIW: The Baguio Creative City Festival 2020」開催中。地元アーティストや工芸家たちによる伝統工芸品からガーデニングにいたるまで、クリエイティブシティ・バギオならではの独創的な作品の数々をご覧あれ。

マニラ湾でホワイトサンド・ビーチの造成が進む一方で、マニラ市バセコ地区には地元の人たちでにぎわうビーチがある。このローカルなビーチ、昨年までは全く違う光景が広がっていた・・・・・・。

徐々に観光地もフィリピン国内からの旅行者の受け入れを再開しています。デョスカバリー・ショアーズ・ボラカイでは観光客を受け入れる側として安全・安心めのための対策を徹底。そろそろリゾートへ旅行、またはマニラでステイケーションの計画を練ってみては?

全ての記事を表示

グルメ GOURMET

フィリピン料理といえばシニガンやアドボ、シシグなどが有名なところ。ですが、記者が一番好きなフィリピン料理は、パーレスです! まだ食べたことがない方はぜひ!

やわらかくてジューシーで、そしてサクサクっとした食感。さらにシャキシャキッとしたキャベツ。日本人なら恋しくてたまらなくなるとんかつ。マカティで本物のとんかつを提供する「とんかつ屋アクロシティ店」がこのたび2階席を増設。ゆったりとした店内で、とんかつを味わいましょう。

フィリピンの食卓でおなじみのバグス(ミルクフィッシュ)が国魚と呼ばれるのに対し、「大統領の魚」と呼ばれる魚がいる。フィリピンで最も高価な魚といわれ、フィリピン人の同僚も聞いたことも食べたこともないというまさに幻の魚とは?

全ての記事を表示

フィリピンをもっと知る
Know more about the Philippines

ニュース & インフォ

韓国DMZ国際ドキュメンタリー映画祭でフィリピン人のアリックス・アイン・アルンパック監督がドゥテルテ政権による麻薬戦争の中で生きる人々を描いた「ASWANG(アスワン)」が最優秀作品賞を受賞。ネット配信されるのでお見逃しなく!

全ての記事を表示

ビジネス

ホテル101グループの宿泊費割引プロモーション!マニラでのステイケーションやボラカイでのホリデーに、お得なチャンスをお見逃しなく。

全ての記事を表示

フィリピンについて

台風ユリシーズによって甚大な洪水被害を受けたルソン地方北部。ダムの放水が原因とされる中、被災地の町長は森林破壊や自分たちの生き方を振り返るべきと語ります。バギオ市の環境NGO反町眞理子さんの緊急寄稿。

全ての記事を表示

生活情報

コミュニティ防疫により休校を余儀なくされた語学学校は、どのように対応し、また今後を見据えていかなる対策をしているのでしょうか。バギオとセブで英語学校ストーリーシェアを運営する松本文夫さんに聞きました。

全ての記事を表示

フィリピン語基本会話

コミュニティ防疫期間中、自宅で時間を持て余している人は多いと思います。そこで、この時間をフィリピノ語学習に活用してはいかがでしょうか。防疫期間を終えた後、フィリピン人の友だちや同僚にフィリピノ語で話しかけて、驚かせてみては?

全ての記事を表示

イベント

Qシネマ:ケソン国際映画祭がオンラインでフィリピンおよび海外の作品を16本配信。河瀨直美監督「True Mothers」(朝が来る)などの話題作やデビッド・リンチ監督「マルホランドドライブ」がデジタルリマスター版で登場!

全ての記事を表示

『ナビマニラ』 E ブック
Navi Manila E-Book

Please wait while flipbook is loading. For more related info, FAQs and issues please refer to PDF Flipbook documentation.

バックナンバー BACK ISSUES

全ての記事を表示