巻頭記事

フィリピン在住の国際結婚カップル、クラウディア・ ボイクマンさんと蝶谷正明さん夫妻インタビュー。共通の興味を通じてスリランカで出会い、日本在住を経て、セブへ移住して現在に至るお二人。子育てにコミュニケーション、ドイツと日本、東西文化の違い満載の暮らしとは?

フィリピン在住の国際結婚カップル、リノ・デセンブラーナさんとデセンブラーナ悦子さん夫妻インタビュー。フィリピン大学ディリマン校に留学中の悦子さんとリノさんが知り合えた背景には、ある「事件」が絡んでいた!? 結婚数カ月後、新婚家庭に起きた日本ではありえないであろう事態とは!?

フィリピン在住の国際結婚カップル、アリエル・ヘロニモさんと野村幸代さん夫妻インタビュー。野村さんがフィリピンでの出産や子育てに文化の違いを経験した一方、アリエルさんは交際間もない頃、野村さんの大学のイベントでのことがショックだったそう。意外なことがカルチャーショックを招くのです……。

フィリピン在住の国際結婚カップル、西ネグロス州の中村雅一さんとジョイ・パヒランガ・ナカムラさん夫妻インタビュー。遠距離恋愛を経ての結婚に「カルチャーショックはなかった」という雅一さん。一方、奥様のジョイさんは・・・・・・。

【マニラで考える異文化コミュニケーション】異なる2つの国の文化を持って生まれてきた「ハーフ」と呼ばれる人たち。「ハーフ」って呼んでいいの? ハーフでよかった? つらかったことは? フィリピンに暮すハーフの方3人に聞きました。

日本が誇るホンダ・スーパーカブはフィリピンにもファンが大勢いて、ブライアン・ベルトランさんもその一人。筋金入りのカブ主であるブライアンさんの愛車は、赤いカブ。1970年式で今も現役バリバリのカブへの愛を語ります。

多忙なマニラでの生活からリフレッシュすべく愛車BMW R1250 GSでツーリングに出かけるシドニー・アロンソさん。バイクファンのあこがれの大型バイクなら長距離ツーリングも快適。フィリピンを楽しむ最高の方法はツーリングかも。

盆栽がそのままBONSAIとなって、フィリピンでも親しまれています。弁護士であり大学教授、実業家でもあるビック・セバロスさんは盆栽歴 40年以上。盆栽との出会いと魅力、初心者へのアドバイスを聞きました。

フィリピンはもとより海外のフルマラソン、ウルトラマラソン大会にも出場するJP ナバレッテさんにインタビュー。マラソンイベント中止の今、走りたくてムズムズしているランナーの皆さんのためにもコロナ禍が早く終息しますように!

ビジネスのために陶芸を始めようと教室に通ううちに、その魅力にとりつかれたシェリル・イボン・マルティネスさん。「陶芸は自然が生み出す奇跡」と話す理由は? 読めばあなたもマニラで陶芸を始めたくなるかも。

「テントが自分にとっての家だった」とキャンプと山を愛するネルソン・ジョン・ベルトランさん。フィリピン各地でのキャンプの経験や、これからキャンプを始めたい人におすすめのマニラから行きやすいキャンプ場について聞きました。

台湾で日本の茶道に出会い、マニラに来てから茶道がかけがえのない趣味になったという香港出身のアリス・ンさん。コンドミニアムのユニットに茶室を持つまでになったアリスさんに聞きました。

マニラで暮らす日本人のハウジング & ライフスタイル:マカティのコンパウンド(複合住宅)で地域住民といっしょに住む岡田薫さん。日本人には珍しく、マニラのディープなローカル感たっぷりな環境で生きるまにら新聞記者の暮らしを拝見!

マニラで暮らす日本人のハウジング & ライフスタイル:BGCからマカティに引っ越した川崎 真亜沙さん。メゾネットタイプの部屋にワクワクし、いざ引っ越したところまさかのトラブルが・・・・・・。部屋に滝が出現???

マニラで暮らす日本人のハウジング & ライフスタイル:マンダルーヨン市のコンドミニアムからパシッグ市のアパートに引っ越した新角啓佑さん。備え付けの机と椅子に感じる親しみや、コンドとアパートの違いついて聞きました。

マニラで暮らす日本人のハウジング & ライフスタイル :コロナ禍の中でタギッグ市BGCのコンドに引っ越した金子翔一さん。フィットネストレーナーとして活躍する金子さんらしいお住まい::と、ライフスタイルを拝見!

マニラの不動産投資は今がチャンス? 投資目的でコンドを買うならマカティとBGCどちらがおすすめ!? 不動産投資に関心がある方、STEP PHILIPPINE REAL ESTATE PROPERTIES INCのクレメント・ディソンさんが答えます!

マニラ暮らしの基本となる住まい。在留邦人に人気のマカティやBGCのコンドミニアムの空室や家賃は、コロナ禍の中でどのような状況なのでしょうか。ほのぼの不動産の屋良朝彦さんに聞きました。

私たちにさまざまなインスピレーションを与えてくれる「空間」。フィリピンの自宅やオフィスをより快適な空間にしてくれる選りすぐりの3つのブランドを紹介します。

【ペットと暮らすマニラ】愛犬、愛猫と一緒にフィリピンから日本に行くには出入国手続きはあるの?飛行機には一緒に乗れるの? 飼い主さんに代わり必要な動物検疫手続きを行ってくれる動物病院や、航空会社のペット搭乗サービスなど帰国時に必要な情報を紹介。

【ペットと暮らすマニラ】犬猫にやさしい自然派の石けんをシニア犬用に購入。虫よけ効果があるとノーザン・フィリピン大学の先生が発表したフィリピン伝統のハーブ「マドレ・デ・カカオ」とは?

【ペットと暮らすマニラ】ケガをして足が腐りかけた状態の猫を保護したのがきっかけでマニラでも活動開始。これまで30匹以上の保護猫と里親になりたい方をつなげてきたHanaoさんに、マニラでの保護活動について聞きました。

【ペットと暮らすマニラ】コロナ禍で犬や猫の伴侶動物を飼う方が増え、犬はシーズーやラブラドール・レトリバーなどで、猫はペルシャ猫や保護猫などが人気だと言います。アニマルハウスに務めるリア・アンジェニカ・マーティン獣医師にフィリピンで犬猫を飼う注意点などを聞きました。

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(6):獣医師の畠中さんは、アラバンで出会った目も見えない状態の子猫を放っておけず、保護しました。その猫との暮らしについて、またフィリピンでペットを飼う場合の心構えを聞きました。

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(5): ポーラさんがマカティでいっしょに暮す3匹の猫の関係は、なかなか複雑なようです。猫は家について、人にはなつかないと言われることがありますが、ポーラさんの持論は?

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(4): マカティで2匹の猫と暮らす有路さん。ペルシャ猫を飼っていたはずが・・・と疑念が生じ、睡眠を妨害され、猫の食事に腕をふるうことになった有路さんが行き着いた猫を飼う境地とは?

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(3):2匹のチワワと暮らす池田さんご夫妻。奥様が日本からマニラに連れてきた愛犬のボストンテリアの話、そしてチワワを飼うことになった出会いと、ぺットがいる暮らしについて聞きました。

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(2): パンデミックで在宅時間が長くなったのを機に 、ミニチュア・シュナウザーのソニアちゃんを飼うことにした小池ゆかりさん。楽しい時も悲しい時も反応してくれるソニアちゃんとの愛情あふれる暮らしを聞きました。

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(1):忠犬ハチ公の映画を見て、秋田犬が飼いたくなったというナットさん。残念ながら秋田犬を飼うことはあきらめましたが、代わりに見つけたのが柴犬。今では柴犬が大好きになったナットさんに聞きました。

フィリピンと日本をつなぐのはオタク文化だ! ということで、漫画、アニメ、ゲーム、コスプレ、アイドル、ヲタ芸、フィギュア、アニソンといった界隈のフィリピン人オタクの方7人をインタビュー! そのディープな浸透度を探りました!