巻頭記事

【ジャパニーズ・サブカルチャー × フィリピン】1970年代の日本のアニメ『超電磁マシーン ボルテスV(ファイブ)』は、フィリピンで大人気。なぜボルテスVは、時代を超えて今も愛される作品となったのでしょう? アテネオ・デ・マニラ大学のチェンチュア先生に聞きました。

【ジャパニーズ・サブカルチャー × フィリピン】世界に広がる日本のKAWAII文化「ロリータファッション」に魅せられたフィリピン人3名にインタビュー。最終回は映画、アニメの影響を受けてゴスロリの世界へ踏み出したマユ・マシェリさんが登場です。

【ジャパニーズ・サブカルチャー × フィリピン】世界に広がる日本のKAWAII文化「ロリータファッション」に魅せられたフィリピン人3名にインタビュー。2人目は、東京・原宿を訪れて、「フィリピン式ロリータ道」を見つけたシャンテルさんです。

【ジャパニーズ・サブカルチャー × フィリピン】世界に広がる日本のKAWAII文化「ロリータファッション」に魅せられたフィリピン人にインタビュー。1人目は自分でロリータファッションブランドを立ち上げたフランツ・ウイさん。

【ジャパニーズ・サブカルチャー × フィリピン】フィリピンには、かなりディープなサブカルと思われる「ボーイズラブ」(BL)のファン。日本のアニメ、ビジュアル系バンドのファンから、日本や韓国のBLに親しむようになった ディディさん(仮名)に聞きました。

【ジャパニーズ・サブカルチャー × フィリピン】フィリピンには、かなりディープなサブカルと思われる「ボーイズラブ」(BL)のファンもいます。アニメをきっかけにBLに目覚めたというリゼス・シェルデン(仮名)に聞きました。

【ジャパニーズ・サブカルチャー × フィリピン】コスプレに出会い、新しい自分を見つけたというフィリピンポリテクニック大学講師のダイアナ・タアラさんにインタビュー。

日本のサブカルチャー、オタク文化のフィリピンでの進化と深化はいかに? 4月末に行われたコスプレ・カーニバルの主催者コスプレph代表のパブロ・バイランさんにコロナ禍を経たコスプレの状況を聞きました。

フィリピンのアニメファン待望のオンラインアニメグッズショップ「アニポリウム」がついにオープン。フィギュアコレクターたちの注目を集めています。はたしてどんなアニメショップなのか?アニポリウムの中の人に聞きました。

マニラのミュージアムめぐり第8弾(最終回)!今回はミュージアムではなく、アクアリアム、水族館です。巨大魚に怪魚、キュートなペンギンまでいるちょっとシュールな空間を紹介します!

マニラのミュージアムめぐり第7弾!今回は、ここにくればフィリピン各地のさまざまな文化について知ることができる博物館ラクバイ・ムセオです。フィリピンの奥深さを実感できること間違いなし!

マニラのミュージアムめぐり第6弾!今回はその名もおいしそうなデザート・ミュージアム。博物館というからにはいろいろなデザートを展示? はたしてどんなミュージアムなんでしょうか? 動画もお楽しみください!

マニラのミュージアムめぐり第5弾! 今回は自分がトリックアートの一部になって楽しめて、インスタ映えも確実スポットのアート・イン・ アイランドです。ナビマニチャンネル動画付き!
 

定番の観光スポットといえばミュージアム。マニラにあるたくさんのミュージアムの中から、ナビマニラがおすすめのスポットを8カ所紹介します。ぜひ素敵で知的な街歩きを。第4回目は大統領専用車博物館 です。

定番の観光スポットといえばミュージアム。マニラにあるたくさんのミュージアムの中から、ナビマニラがおすすめのスポットを8カ所紹介します。ぜひ素敵で知的な街歩きを。第3回目は国立美術館です。

定番の観光スポットといえばミュージアム。マニラにあるたくさんのミュージアムの中から、ナビマニラがおすすめのスポットを8カ所紹介します。ぜひ素敵で知的な街歩きを。第2回目は国立人類学博物館です。

古今東西、定番の観光スポットといえばミュージアム。マニラにあるたくさんのミュージアムの中から、ナビマニラがおすすめのスポットを8カ所紹介します。ぜひ素敵で知的な街歩きを。第1回目は国立自然史博物館です。

マニラからサクッと日帰りで行ける無人島フォーチュンアイランドですが、宿泊すれば楽しさ倍増! そして、ちょっと足を延ばせばもう一つのビーチリゾートも楽しめます。今回は安近短にちょっとプラスした旅をしたい方におすすめのコーラルビーチクラブです。

マニラからサクッと日帰りで行ける無人島フォーチュンアイランドですが、宿泊すれば楽しさ倍増! ということで宿泊&街歩き体験をお届けします。今回は、価格重視の方にぉすすめのフォーチュンアイランドリゾートです。

マニラから日帰りで行く無人島フォーチュンアイランドへ行ったナビマニラ一行の体験記。最終回は島内を歩いて見つけた不思議な遺跡(?)やBBQに挑戦した時の模様をお届けします。ぜひナビマニチャンネル動画も一緒にお楽しみください!

マニラから日帰りで行く無人島フォーチュンアイランドへ、ナビマニラが、週末を利用して実際に行ってみました。第2回目の今回は、いよいよ島へ向かい、上陸した一行の体験です。ぜひナビマニチャンネル動画も一緒にお楽しみください!

マニラから日帰りで行く無人島フォーチュンアイランドへ、ナビマニラ一行が、週末を利用して実際に行ってみました。今回から旅行記をお届けします。ぜひナビマニチャンネル動画も一緒にお楽しみください!

マニラから日帰りで行ける無人島フォーチュンアイランド。今回は、島の歴史について紹介します。名前の由来、そして意外にも世界史上重要な人物にも関わりがあり、さらに日本にも影響が・・・・・・? 

マニラから日帰りで行ける無人島フォーチュンアイランド。日本人観光客にはあまり知られていませんが、マニラからの小旅行リストに加えたい行き先です。今回はまず、フォーチュンアイランドとはどんな島なのかを簡単に紹介します。

フィリピン& 東南アジアを知りたいと思ったらこの本を。南東舎書店の石山店主おすすめの5冊、そして吉本興業アジア住みます芸人「ハポン3」のほりっこし(堀越祐樹)さんと、Kuya Sawa(空彌佐和)さんが自費出版した本を紹介します。

フィリピンでも本は手放せない・・・・・・No Books No Life なマニラ在住の本好き日本人9人におすすめの1冊を聞きました。最終回は、筒井康隆の短編を紹介。一人の男性が薬効があるという中国料理を味わう。その描写たるや、まさにグロ。その後、エロ。

フィリピンでも本は手放せない・・・・・・No Books No Life なマニラ在住の本好き日本人9人におすすめの1冊を聞きました。今回はまにら新聞の岡田記者が、戦前にフィリピンに移住した大沢清氏の著書を紹介。私たち在留邦人が知っておくべき歴史があります。

フィリピンでも本は手放せない・・・・・・No Books No Life なマニラ在住の本好き日本人9人におすすめの1冊を聞きました。今回は、まにら新聞の澤田記者が「読むのをためらっていたことを後悔した」という戦中のフィリピンでの虐殺事件の当事者を追った衝撃の書です。

フィリピンでも本は手放せない・・・・・・No Books No Life なマニラ在住の本好き日本人9人におすすめの1冊を聞きました。今回は、国語の教科書でもおなじみ文豪・夏目漱石の作品
をセブ日本人会の蝶谷正明さんが紹介します。

フィリピンでも本は手放せない・・・・・・No Books No Life なマニラ在住の本好き日本人9人におすすめの1冊を聞きました。今回は、歴史、ノンフィクション、そしてホラーが好きな方におすすめの本です。歴史の裏側は怖いですね。