グルメ

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします!今回はご飯のおかずによし、ビールと一緒によし、ローカルレストランにはきっとある豚バラ肉のバーベキュー、リエンポです。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします!今回はフィリピンを代表するカニ料理の一つ、ギナタアン・アリマサグです。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回はあまり知られていないかもしれない牛肉のソテー、ビーフ・サルピカオ です。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回は大衆食堂でもおなじみ、野菜不足解消の強い味方、ビコール発でマニラでバージョンアップ(?)したとされるラインです。

5月3日と4日の2日間、マカティ市アヤラ・トライアングルガーデンで「クラフトビール・フェスト2024」が開催。ローカルのクラフトビールブリュワリーが集合し、個性的なビールでファンをうならせました!

ボラカイを代表する人気レストランン、Nonie’s(ノニーズ)のマニラ進出第1号店が首都圏モンテンルパ市アラバンにオープン。さっそく行ってきました。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回はブラロの陰に隠れてちょっとかわいそうな(?)牛肉スープ、ニラガン・バカです。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします!今回は、フィリピンで定番の朝食の一つ、チョコレート味の粥、チャンポラドです。

ロングバーといえば、シンガポールのラッフルズホテルにある有名なバー。しかしシンガポールに行かなくても、ここマカティにもあるのです!しかも毎日ハッピーアワーを実施しています!

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします!今回は、麺料理のロミ。トロッとして熱々のスープに太い麺の歴史にも迫ります。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします!今回は、フィリピンのソーセージ、ロンガニサです。マニラではファストフード店でもおなじみのロンガニサ。実は地方にも特色あるロンガニサがあるんです。

首都圏マニラ市の中華街ビノンドで一番にぎわうオンピン通りが今、揚げ肉まんの激戦区に!熱い戦いを繰り広げる6軒を食べ比べてみた!

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします!今回は、豚の臓物を豚の血で煮込んでつくる血のスープ、ディヌグアンです。

今マニラで一番長い行列ができる飲食店といっても言い過ぎでないパサイ市のディワタ・パレス・オーバーロード。実際に行ってみると、24時間行列が途切れないと言われるのも納得の満足度でした!

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします!今回はカニの身を甲羅に詰めたちょっと豪華な大衆食堂メニューレレノン・アリマサグです!

フィリピンに数あるクラフトビール中でチャンピオンの称号を得たブリュワリー、エリアス・ウィキッド・エールズ&スピリッツ。モンテンルパ市アラバンにオープンしたタップルームへ行ってきた!

首都圏マニラ市マラテのコリアンタウンといえば、韓国焼肉。しかし、今注目したいのは、50種類以上のインスタントラーメンの中から選んで楽しむNAEMBI セルフ・ラーミョン・バー!

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします!今回はフィリピン料理を代表する豚肉料理の一つ、クリスピー・パタです。

去る3月21日「国際ティラミスデー」を記念して輸入食材を扱うサンティス・デリカテッセンでイベントが行われました。在フィリピン・イタリア商工会議所の会長が、フィリピンにおけるティラミスの認知度にショックを受け、イタリアの威信にかけて開催に至ったとか……。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします!今回は、フィリピンではプルータン(Pulutan)と呼ばれるお酒のつまみの定番、トクワ・バボイです。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします!今回は、見た目も怪しく、その名もレチョン・ヒト。しかし、とても美味なる魚の料理です。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回は初めて食べた時にはショックを受けつつ、なぜかハマってしまう人もいる賛否両論あるフィリピノ・スパゲティです。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回はサワラのマリネ、さっぱりした味わいのキラウィン・ナ・タニゲです

フィリピンで売られているサバ缶やイワシ缶になぜか日本の地名がブランド名になってるものがあります。これはなぜ? 缶詰から見るフィリピンと日本の歴史を日・英・タガログ語通訳のデセンブラーナ悦子さんが解説します。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回はその名もゆかいなケソン州ルクバンの名物、パンシット・ハブハブです。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回はマニラの中華街ビノンドで生まれたB級グルメ、マキミーです。

今年は辰年! イヤー・オブ・ザ・ドラゴン!! ということで、フィリピンで「竜」を探してみました。竜について知り、見に行き、さらに食べてみました。旧正月元旦の今日、皆さんも竜を探しに出かけてみてはいかがでしょう。

マカティの中心部からは少し離れているけれど、足を延ばして訪れたい飲食店が並ぶカリビン・プラザ。そのエリアに、ビール党をうならせるクラフトビール専門店「Brujo」(ブルホ)がある。

マカティセントラルスクエアに軽食からガッツリ食事、酒を楽しむこともできる新しい立ち寄りスポット「KABUKI FOOD DECK」(カブキ・フードデック)がオープン!

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回はナスが主役か、卵が主役か迷いますが、大衆食堂カレンデリアでもおなじみのトルタン・タロンです。