旅・街歩き

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回はスペイン国王としてフィリピンを感染症の蔓延から救ったカルロス4世です。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回は第2次世界大戦中のマニラの市街戦の犠牲者に捧げられた追悼碑メモラーレ・マニラ1945です。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回はスペインの侵略からミンダナオ地方を守り続けたスルタン・クダラットです。

5月3日と4日の2日間、マカティ市アヤラ・トライアングルガーデンで「クラフトビール・フェスト2024」が開催。ローカルのクラフトビールブリュワリーが集合し、個性的なビールでファンをうならせました!

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回は日本で学んだこともあるジャーナリストであり、現存する英字紙「フィリピンスター」を創刊したマキシモ・V・ソリベンです。

ボラカイを代表する人気レストランン、Nonie’s(ノニーズ)のマニラ進出第1号店が首都圏モンテンルパ市アラバンにオープン。さっそく行ってきました。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回はアマチュアボクサーであり、サッカーのフィリピン代表、そして歯に衣着せぬジャーナリスト、 さらにマニラ市長として手腕を発揮したアーセニオ・H・ラクソンです。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回は「キング・オブ・コメディー」と呼ばれたドルフィーこと、ロドルフォ・V・キソンです。

ロングバーといえば、シンガポールのラッフルズホテルにある有名なバー。しかしシンガポールに行かなくても、ここマカティにもあるのです!しかも毎日ハッピーアワーを実施しています!

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回はイントラムロスに建設に関わったフィリピン初代総督ミゲル・ロペス・デ・レガスピと探検家アンドレス・デ・ウルダネータです。

首都圏マニラ市の中華街ビノンドで一番にぎわうオンピン通りが今、揚げ肉まんの激戦区に!熱い戦いを繰り広げる6軒を食べ比べてみた!

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回は、エドサ革命において影響力を発揮したカトリック教会枢機卿 ハイメ・シンです。

今マニラで一番長い行列ができる飲食店といっても言い過ぎでないパサイ市のディワタ・パレス・オーバーロード。実際に行ってみると、24時間行列が途切れないと言われるのも納得の満足度でした!

首都圏マニラ市のシティホールには、フィリピン最大の時計台があります。そしてその内部はなんと博物館になっているんです! 戦時中のマニラを伝える展示やアートギャラリー、カフェ、そして展望台があります。

首都圏マニラ市マラテのコリアンタウンといえば、韓国焼肉。しかし、今注目したいのは、50種類以上のインスタントラーメンの中から選んで楽しむNAEMBI セルフ・ラーミョン・バー!

ルソン地方北部カリンガ州ブスカラン村のタトゥー、バトック。伝統を継承するアポ・ワン・オドゥさん(107歳 )の3人の弟子にバトックの魅力、そしてマンババトック(バトックの彫師)について聞きました。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回はエドサ革命を経てフィリピン初の女性大統領となったコラソン・アキノです。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回は、フィリピンの歴史における重要人物の1人であり、愛称ニノイ・アキノがマニラ国際空港や国民の休日にその名を遺すベニグノ・アキノ・ジュニアです。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回は、「アジアのノーベル賞」と呼ばれるラモン・マグサイサイ賞に名を遺す第7代大統領ラモン・マグサイサイです。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回は、フィリピンの第5代大統領であり、独立準備政府(コモンウェルス)の最後の大統領だったマニュエル・ロハスです。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回は、「FPJ」の愛称で親しまれた映画俳優で、大統領選にも出馬したフェルナンド・ポー・ジュニアの像です。

首都圏マニラ市ビノンドの中華街ビノンドのパシッグ川沿いに、遊歩道「パシッグリバー・エスプラネード」(Pasig River Esplanade)がオープン! 夕暮れに訪れたいリバーサイド・スポットを紹介します。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回は、第3代大統領ホセ・P・ラウレルを父に持ち、フィリピン史上ただ1人、副大統領、首相、外相の3ポストを兼任したサルバドール・ラウレルです。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回はその名もゆかいなケソン州ルクバンの名物、パンシット・ハブハブです。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか、気になって調べてみました。今回は、第3代大統領ホセ・P・ラウレルです。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回はマニラの中華街ビノンドで生まれたB級グルメ、マキミーです。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか、気になって調べてみました。今回は、マニラ市のロハス大通りに建つラジャ・スレイマン。1570年、スペインとの戦いで活躍した戦士です。

今年は辰年! イヤー・オブ・ザ・ドラゴン!! ということで、フィリピンで「竜」を探してみました。竜について知り、見に行き、さらに食べてみました。旧正月元旦の今日、皆さんも竜を探しに出かけてみてはいかがでしょう。

マカティの中心部からは少し離れているけれど、足を延ばして訪れたい飲食店が並ぶカリビン・プラザ。そのエリアに、ビール党をうならせるクラフトビール専門店「Brujo」(ブルホ)がある。

マカティセントラルスクエアに軽食からガッツリ食事、酒を楽しむこともできる新しい立ち寄りスポット「KABUKI FOOD DECK」(カブキ・フードデック)がオープン!