ナビマニラ フィリピンと日本をつなぐマニラ発生活情報

天気

為替

マニラ ではまる 小籠包

2018年4月20日

Indulge yourself with Xiao Long Bao in Manila

Specialty Dynasty Xiao Long Bao - 8 Flavours Paradise Dynasty Legend of Xiao Long Bao at The Podium Photo by: Sumireko Tomita

Specialty Dynasty Xiao Long Bao – 8 Flavours
Paradise Dynasty Legend of Xiao Long Bao
at The Podium
Photo by: Sumireko Tomita

マニラで出会う垂涎の小籠包
湯気が上がるせいろの中に、口をキュッと締めたきんちゃく袋のように並ぶ小籠包。皮の中につまった肉汁が透けて見える。見た目はギョウザやシュウマイよりも、はるかに食欲をそそる。その姿はキュートで、職人が手がけた芸術作品のようでもある。前菜、主食、総菜、つまみ、どれにも当てはまるオールマイティーな存在感も小籠包ならではだ。
意外に思われるかもしれないが、マニラには小籠包を提供する店が多い。最近は、海外発の世界的に有名な店も出店している。1500年代にはすでに中華街(首都圏マニラ市ビノンド地区)が存在していたマニラだけに、中国発祥の小籠包もしっかりフィリピンの食文化に根差しているのかと思えば、実はそうとも言えない。Siomai(ショウマイ)と呼ばれてシュウマイがしっかりフィリピン料理に入り込んでいるのに対し、小籠包の存在感はいまいち薄い。そんな中で小籠包を愛する者としては、もっと知名度を上げたいのだが……。
小籠包には揚げたものや、エビやフカヒレなどの食材を使ったものもあるが、今回は蒸してあり、中に肉が入った基本的なものを「小籠包」と定義する。英語ではDumplingsというが、ギョウザやシュウマイとの区別がつかない時がある。中にスープが入っているからSoup Dumplingsと言うこともあるが、ワンタンスープが出てくるのではないかと心配である。今回の取材中、店に小籠包があるかどうかを聞く時に、中国語の発音ができない記者でも店で「シャオロンバオ」と言えば通じた。
いざ、マニラで小籠包を楽しもう。
Explore Manila for Mouth-watering Xiao Long Bao

あなたは小籠包の誘惑にたえられるか? Can you withstand the temptation of Xiao Long Bao?


Have you ever tried Xiao Long Bao? It’s a bite-size steamed dumpling that contains minced pork filling and soup. Xiao long bao is originally from China, and has been loved throughout the world. The Japanese especially adore Xiao Long Bao.
In Manila there are a lot of Chinese restaurants serving Xiao Long Bao not only in Binondo, the world’s oldest Chinatown but in your neighbourhood. However, Xiao Long Bao doesn’t seem to have much of a presence in the Philippines although Siomai, a closely related dumpling to Xiao Long Bao, is a popular merienda among the Filipinos.
Once you experience the flavor of Xiao Long Bao, you will be hooked.
Let’s go find it.
似て非なる小籠包いろいろ
Similar, but Different. Varieties of Xiao Long Bao
一見、同じに見えても、よく見ると違う。小籠包には表情がある。一口食べると、皮の食感、スープ、肉、どれもが各小籠包の個性となっている。アツアツを口に入れ、肉汁が口の中でほとばしるのを想像しながら、マニラで人気の小籠包をご覧あれ。
All Xiao Long Bao look the same. But watching closely, you will find out that every Xiao Long Bao has characteristics in appearance. There is a wide variety of Xiao Long Bao in Manila. What is your favorite Xiao Long Bao?

鼎泰豊 Din Tai Fung

鼎泰豊 Din Tai Fung


dintai
世界で知名度抜群 小籠包の代名詞
The World-Renowned Brand from Taiwan
世界一有名な台湾発の小籠包。鼎泰豊はあのミシュラン(香港マカオ版)で星を獲得し、今年、台北版でも紹介された。小ぶりだが皮、肉、スープすべて絶妙のバランス。P160(5pcs.)
SM Mega Mall Fashion Hall, Mandaluyong City
(02)997-1935 10am ~10pm 支店:Bonifacio Global City
上海小館 Modern Shanghai

上海小館 Modern Shanghai


shanghai
スープがたっぷり 本格派の上海小籠包
Authentic Shanghainese, Plenty of Soup
乳白色の皮は厚くモッチリ、たっぷりのスープをしっかり包み込む。
中の肉は食感と旨味を考えて豚肉の3つの部位が使われている。P188(6pcs.)
SM Mall of Asia, 2/F, Entertainment Mall, Pasay City
(02)551-1110 10am ~ 11pm(金・土 深夜12amまで)
翡翠膳坊 Crystal Jade Dining In

翡翠膳坊
Crystal Jade Dining In


ss
シンガポール発の名店 薄い皮に肉汁たっぷり
Singapore’s Signature Xiao Long Bao
同店発祥のシンガポールでは小籠包といえばクリスタルジェイドと言われるほど。
薄い皮の中に肉汁たっぷり。豚肉がしっかり味付けされ、深い味わいを堪能できる。P210(5pcs.)
SEUG 201, Bonifacio High St. Central, 7th Ave., BGC, Taguig City(02)808-5233  11am~3pm、5:30pm~10pm  (土・日11am~10pm) 
楽天皇朝 Paradise Dynasty Legend of Xiao Long Bao

楽天皇朝
Paradise Dynasty Legend of Xiao Long Bao


FINAL
東西の滋味が溶け込む 8色8味の小籠包
Distinctive 8 Flavors from the East and West
小籠包は白いという概念を覆す、野菜から抽出した鮮やかな色の皮。高麗ニンジン、フォアグラ、黒トリュフ、チーズ、カニの卵、ニンニク、四川、これら東洋と西洋の滋味がスープに溶け込む。おいしく食べる順番を店で教えてくれる。P388 (8pcs.)
2F, The Podium, ADB Ave., Ortigas, Mandaluyong City (02)682-3333 11am~3pm、6pm~9:30pm
支店:Conrad Manila MOA Complex
1

鹿港小鎮 Lugang Café


a
手作りならでは 正統派の台湾小籠包
Beautifully Hand Crafted , Small but Meaty
Xiao Long Bao

中国・上海発祥の台湾料理店の小籠包。小ぶりだが中の肉は多く、濃厚なスープが味わい深い。
P248(8pcs.)
SM Mall of Asia, Ground Floor, Pasay City
09062176216 11am ~9:30pm 支店: Greenhills, SM North Edsa, SM Aura Premier, Glorietta 2
2

富臨魚翅海鮮酒家Gloria Maris


b
飲茶の人気店で味わう これぞ上海小籠包
Local’s Favorite Dimsum Restaurant
Shanghainese Xiao Long Bao
フィリピンで人気の中国料理チェーン。小籠包は上海風らしく皮は厚く噛み応えがあり、濃厚なスープもたっぷり。P220(8pcs.)
Greenhills Shopping Center, Ortigas Ave., Missouri St. cor. Connecticut, San Juan City (02)570-0921
11am~2pm、6pm~10pm
3

畅秦园 Chun Yuen


c
皮は厚くずっしりと 伝統の無錫小籠包
Rich Soup, Traditional Wuxi Xiao Long Bao
清の乾隆帝が無錫(むしゃく/現在の中国江蘇省無錫市)で食べ、絶賛したという由緒ある小籠包。まろやかな濃い口スープが、肉と厚い外皮に染みている。P168(4pcs.)
 2296 Chino Roces Ave., Makati City
(02)800-4180  10am~10pm
支店:Lucky Chinatown
4

士林 Shi Lin


d
吸いつくような皮に あっさりスープ
Love at First Bite, Soft and Chewy Skins
この台湾料理チェーン店の小籠包を箸でつまむと、皮がくっついてなかなか離れない。それほどもっちりしている。中にはあっさり目のスープがたっぷり。P170(6pcs.)
Greenbelt 3, Esperanza St., Makati City (02)752-0956  11am ~ 10pm  支店:Lucky Chinatown,
Shangri-La Plazaほか

知れば知るほど好きになる なるほど小籠包
The More You Know About Xiao Long Bao, The More You Crave It!

シンプルゆえに奥深い
美味なる「手工芸品」
初めて小籠包を食べた時、中にスープが入っていることに感動した。どのようにスープを入れるのか、記者は料理の心得がないので、てっきりスープを注射するのかと思っていた。スープは、肉汁を固めた煮こごりを餡といっしょに皮に包み、蒸されることで溶けるという仕組みになっていると知って改めて感動した。
今回取材で見つけたマニラの小籠包は大きく分けて、上海、台湾、無錫(むしゃく)、北京のスタイルのものがあった。上海風はスープが多く、台湾風は小ぶりで一口サイズ、無錫のは大きく皮が厚くスープは甘口、北京風はスープが少ないという印象だ。
小籠包の見た目の美しさに、折り込まれた「ひだ」がある。これらは手作業で作られ、太く、数が少ないものもあれば、細く、多く折り込まれるものもある。パラダイス・ダイナスティ・ザ・ポディウム店では22本ものひだを作るという。
Simple but Profound: Delicious ‘handicrafts’
A mystery of Xiao Long Bao: How is the hot soup contained in the dough? Injecting the soup under the dough? The answer is an aspic, a broth gelatin. The meat aspic wrapped with the meat filling inside the dough melts into soup when steamed.
Xiao Long Bao found in Manila can be categorized into four styles: Shanghainese, Taiwanese, Wuxi
(a city of eastern China), and Beijing. Shanghainese Xiao Long Bao typically contains a lot of soup. Taiwanese one is small and bite-size. Wuxi Xiao Long Bao is big in size, skin is thick , soup has a sweet and mellow taste. Beijing style contains less soup compared to the others.
The number of pleats on the skin depends on the restaurants, around 10 to 15 pleats per piece. At Paradise Dynasty restaurant , the chefs make 22 pleats on each Xiao Long Bao.

ディンタイフォン店頭での小籠包製造の様子。流れ作業で次々と小籠包がつくられていく。At Din Tai Fung , SM Megamall, you can see the making process of Xiao Long Bao.

ディンタイフォン店頭での小籠包製造の様子。流れ作業で次々と小籠包がつくられていく。At Din Tai Fung , SM Megamall, you can see the making process of Xiao Long Bao.

① 練った小麦粉を棒状にのばす。

① 練った小麦粉を棒状にのばす。

② 小さく切ったものをのばして薄い円状の皮にする。

③ 皮に肉餡を載せる。

③ 皮に肉餡を載せる。

④ 折りひだをつくりながら肉餡を包む。蒸せば出来上がり。

これで安心 小籠包の食べ方
小籠包はデリケート。雑に扱うとスープがあふれ出してしまう。また、何気なく口に放り込んでしまったら、熱々のスープでやけどを負いかねない。のどに詰まる恐れもある。ちゃんとした食べ方をマスターしておこう。
The Best Way to Savor Xiao Long Bao
Xiao Long Bao is delicate and needs to be handled with care, otherwise the soup flows out in the steaming basket. If you toss hot steamed Xiao Long Bao into your mouth, you may have scalds or choke yourself. Let’s learn how to eat Xiao Long Bao.

スープをいただく。Sip the soup.

スープをいただく。Sip the soup.

小籠包をせいろから取り出す時、スープがこぼれないように箸で皮の上の部分をつまむ。小籠包が大きい場合は、れんげを使ってすくう。 Lift a Xiao Long Bao by picking up the top with chopsticks.

小籠包をれんげに乗せる。皮の下の方に小さく穴をあけ、中からスープを出す。 Put the Xiao Long Bao on a soupspoon and prick the lower part to let the soup flow out.

小籠包をれんげに乗せる。皮の下の方に小さく穴をあけ、中からスープを出す。 Put the Xiao Long Bao on a soupspoon and prick the lower part to let the soup flow out.

小籠包を黒酢につける。この時、好みに応じてショウガを乗せる。 Dip the Xiao Long Bao in black vinegar. You can mix chopped ginger in the sauce if you like.

おいしい!!! Masarap!!!

おいしい!!! Masarap!!!

フィリピン人30人に聞きました。
「小籠包は好きですか?」
日本人と同様にフィリピン人も小籠包が好きなのか、何人かに聞いてみたところ、「何それ?」と言う反応が返ってきた。そこで小籠包の写真を見せて説明したのだが、一度も食べたことがないという衝撃の回答が。そこでまずは、小籠包を食べたことがあるかをマカティ市のショッピングセンター、マカティスクエアで20代から30代の社会人男女30人に聞いた。すると20人は食べたことがないという結果が出た。食べたことがある10人に、小籠包とシュウマイではどちらが好きかと聞くと、回答は5人ずつに分かれた。フィリピン料理にもあるシュウマイに対し、小籠包は健闘したといえる。だが、どうして小籠包の方が好きなのか理由を聞くと、 「1度しか食べたことがないからまた食べてみたい」という人がほとんどだった。
シュウマイはショッピングセンターやMRT駅の屋台などでも買えるが、小籠包を食べたいなら中国料理店に行かなくてはならない。フィリピン人にとって、小籠包はまだ未知の特別な料理であるといえるのかも。
Do Filipinos Like Xiao Long Bao?
Do the Filipino people like Xiao Long Bao as the Japanese do? The survey was conducted to ask 30 Filipinos, female and male adults aged 20s to 30s at the Makati Square. It shows that 20 have not eaten Xiao Long Bao. Among 10 Filipinos who have tasted Xiao Long Bao, 5 of them prefer Xiao Long Bao to Siomai, the other 5 chose Siomai.

survey