今こそマニラで「楽器」はいかが? Audiophile

この記事をシェア

2021年9月7日

 

 

 中学校での音楽の授業以来、数十年間楽器にふれていないにもかかわらず、心のどこかで「何か楽器ができるようになりたい」と思っている。筆者を含め、このような人は多いのではないでしょうか。コロナ禍でどうしても家にこもる時間が多い今、そして巷に音楽があふれているマニラこそ、楽器を始めるのにふさわしい街といえるでしょう。楽器店オーディオファイルのジジョ・デ・グスマンさんに、コロナ禍での楽器ビジネスと人気の楽器について聞きました。

 

ジジョ・デ・グスマンさんMr. Jijo de Guzman オーディオファイル セールスサポートマネジャー 実業家、ドラマー。 好きな音楽のジャンルはスローロック、ポップロック、ポップ。INXS、コールドプレイ、マルーン5のファン。写真家でもあり、キヤノンアンバサダーとして今年行われた東京五輪を現地で撮影した。

 

 

-オーディオファイルは1981年創業の老舗楽器店ですが、コロナ禍の影響は?

 

 

 大変な時期ではありますが、楽器の販売は安定しています。当店のお客様はアマチュアの方から、プロのミュージシャンまでいらっしゃいます。特にコロナ禍が始まってからは、趣味で楽器演奏を楽しまれているお客様が増えました。

 

 

―どの楽器が人気ですか?

 

 ギター、ベースギター、キーボード、ドラムですね。ギター、ベースはアイバニーズ(Ibanez)、キーボードはコルグ(KORG)、ドラムはタマ(TAMA)、プレミア(Premier)などが人気ブランドです。

 

 

-子どもが最初に習う楽器としておすすめなのは?

 

 私がおすすめするとしたらギター、キーボード、ピアノ、ドラムでしょうか。ただし、どんな楽器でも習うのはとてもいいこと。楽器を演奏すること自体が楽しく、どんな楽器であるかは関係ありません。また、歌を習うのもいいと思いますよ。

 

 

-40〜50代で初心者が習うならどの楽器がいいでしょうか?

 

 ギター、キーボード、ドラムですね。

―楽器ができるにはやはり適性など必要なんでしょうか?

 

 

 必要な適性があるとしたら、それは、音楽への深い愛です!

 

 
―フィリピンの人は歌がうまく、楽器演奏も上手な人が多いイメージがありますが、どう思われますか?

 

 
 フィリピン人は根っからのエンターテイナーであり、人を楽しませるのが得意。私たちは家族、友人、お客様を楽しませるのが大好きなんです。このような国民性は家で誰かを楽しませることから、大勢の観客の前で歌ったり、踊ったり、演奏したりすることにまで表れます。フィリピン人は他人をハッピーにするのが本当に好きなんですよ。

 

 

―オーディオファイルの今後の計画は?

 

 コロナ禍が終息したら、すぐに対面でのイベントを開催したいと思っています。

 

オーディオファイルは9店舗のほか、フィリピン国内に約50の取扱契約店を持つ。