ラーメンは、情熱。Ramen Namin

この記事をシェア

2021年8月6日

 

「ラーメン」に魅せられて。

 

 

Charmed by Ramen , Filipinos Open Restaurants Featuring  Japanese Soul Food   

 

 

 マニラでは、地元フィリピン人がラーメンを楽しむ光景はもはや珍しくありません。しかもラーメンを食べるだけでなく、最近はラーメン店を経営するフィリピン人も増えているようです。なぜ、ラーメンを選び、店を出すまでになったのでしょう。先月開店したばかりの創業者に聞きました。

 

 

 

ラーメンは、情熱。

 

Ramen Means Passion.

 

Ramen Namin

 

バネッサ・リカルテさん(Vanessa Ricarte/左)と、ネルソン・バルハさん(Nelson Barja) 。こじんまりとアットホームな雰囲気の店内には テーブル席とバーカウンターがあり、居酒屋としても利用できる。ランチタイムにはフィリピン料理も提供する。「彼女がつくった料理を私が味見して、メニューに載せるかどうかを決めます」(ネルソンさん) 「いや、最終決定権を持っているのは、私です」(バネッサさん)。 There are table seating and a bar counter at Ramern Namin restaurant cum Izakaya bar . ‘Vanessa cooks and I taste the dishes to decide if they will be on the menu’, says Nelson. ‘ I am the decision maker’., Vanessa refuted.

 

 

  「ラーメンが好きで、気に入った店に通って毎日食べていた」と、ラーメン愛を語るバネッサさん。ボーイフレンドのネルソンさんと昨年9月にマカティ市のピオデルピラール・バランガイホール近くに屋外カウンター席のみの店を開き、7月7日、すぐ近くに店内飲食もできる店を構えた。

 

 

 「本格的なラーメンを一般的なフィリピン人が気軽に楽しめる値段で提供したいと思いました」とネルソンさん。「店名のナミンはタガログ語で『私たちの』という意味。私たち、フィリピン人のラーメンという思いを込めています」

 

 

 調理担当のバネッサさんは、ラーメンをはじめ日本料理の研究に熱心に取り組んでいる。スープ、そしてコシのある麺の食感にこだわり、口の中でとろけそうなやわらかいチャーシューなど具は自家製。丼物や揚げ物など一品料理メニューも充実させている。

 

 

 「ラーメンは情熱がなくてはできない。食材の準備、食器選び、盛り付け、提供のタイミング・・・・・・。細部に行き渡る仕事が必要で、ラーメンに日本文化の奥深さを感じる。だから選んだんです」(ネルソンさん)

 

 もっと多くのフィリピン人に日本料理を広め、いつかチェーン展開をするのが、ラーメン・ナミンの目標だ。

 

 

’I love ramen. I used to eat ramen every day at my favorite ramen shop in Manila’, said Vanessa. She and her boyfriend Nelson opened Ramen Namin restaurant in Barangay Pio Del Pila, Makati City on 7 July while running an outdoor counter ramen shop in the same area since last September of 2020.

 

 

 

The chef, Vanessa is keen on Japanese food cooking, spends long hours on developing ramen soup and noodles with pleasant texture. The ramen toppings such as, melt- in -mouth tender barbecued pork is all homemade. All these is achieve thru the love and passion of what she’s doing. There are a wide variety of rice bowl menu and agemono fried dishes and so on. 

 

Namin Special Ramen(145 pesos)

 

 

 

Nelson added, ‘We would like to serve authentic ramens at a prices fit for common Filipino people can afford. Therefore, the name of our restaurant (Ramen Namin) means “our ramen” in English’. ‘Making a bowl of ramen requires us passion. I, personally love Japanese culture and I find that rich Japanese culture in a bowl of ramen. The time needed to prepare the ingredients, the way the topping are arranged, the design of bowl we use, the timing how and when to serve the Ramen, it is very artistic and meticulous; all of that embodies Japanese culture. And we love doing it – it’s a self-fulfillment.

 

 

Ramen Namin introduces Japanese food to more Filipino people and is hopeful to develop a nationwide chain establishment in the future.

 

 

Ramen Namin
M. Antonio St. Brgy. Pio Del Pilar, Makati City
Business Hours: 10am-11pm  Closed on Sundays