フィリピンらしさをラーメンに。Ramen Sekai

この記事をシェア

2021年8月5日

「ラーメン」に魅せられて。

 

 

Charmed by Ramen , Filipinos Open Restaurants Featuring  Japanese Soul Food   

 

 

 マニラでは、地元フィリピン人がラーメンを楽しむ光景はもはや珍しくありません。しかもラーメンを食べるだけでなく、最近はラーメン店を経営するフィリピン人も増えているようです。なぜ、ラーメンを選び、店を出すまでになったのでしょう。先月開店したばかりの創業者に聞きました。

 

 

フィリピンらしさをラーメンに。

 

Creating Ramens with with a Filipino Twist

 

 

ラーメン世界  Ramen Sekai 

 

 

2階建てでガラスの外観が印象的なラーメン世界旗艦店と、オーナー&CEOのマーク・アンソニー・リュウさん (Mark Anthony G. Liu)。リュウさんはバブルティーチェーンAffiniTea International創業者、そしてマラソンイベントOYM (On Your Mark)トリロジー、 ブラウンレースマラソン、サロンパス・ラン、ハローキティ・ランなどの主催者でもある。「ビジネスに必要なのは3つの『P』。まずPrayer、次にPassion、そしてPeso」。日本への渡航歴は20回を超えるという。 Mr. Mark Anthony G. Liu owner and CEO , Ramen Sekai Philippines.  The flagship store has appearance of two story glass wall exterior impresses visitors. Mr Liu is also the founder of Fabriclinic Clinic Laundry Services, AffiniTea International, a brand of bubble tea franchise chain and organizer of Philippines major marathon such OYM Trilogy (On Your Mark), BRM (Brown Race Marathon), Salonpas Run, Hello Kitty Run and many more. He has 3 three business ‘P’ s in consideration in putting up all his businesses ;  1st – Prayer, 2nd – Passion and  3rd Peso’.  Mr Liu has visited Japan over 20 times.

 

 

 台湾を訪れてミルクティーに出会ったことをきっかけに、10年前にマニラで「アフィニティー」 を創業したリュウさん。現在フィリピンに約130店舗をはじめアラブ首長国連邦(UAE)に6店、さらにシンガポール、カナダにも出店を予定している。そんなリュウさんが手がけるレストランが、ラーメン世界。先月7月8日にオープンした。

 

 「初めてレストラン事業を始めるにあたって、ラーメンを選んだのはラーメンが好きだから。自分が本当に好きだと思えるものだからこそ、ビジネスができる。それが私の信条です」

 

 中華系フィリピン人のリュウさんの食べ物の好みは、家庭料理に影響を受けているという。「母がよくスープ料理をつくってくれたことが、私のラーメン好きにつながっていると思います。店をオープンするまでの1年間、ほぼ毎日ラーメンをつくって試行錯誤しました。本格的な日本のラーメンをめざしつつ、フィリピン人の好みに合わせて味に『ひねり』を加えています。また、若く流行に敏感なフィリピン人が気軽に楽しめるような価格に設定しました」

 

 ラーメン世界という店名には、ラーメンより世界的な料理になること、そしてこの店もグローバルな存在にしたいという思いが込められている。

 

 

 Having found milk tea in Taiwan, Mr. Liu established AffiniTea in Manila 10 years ago. AffiniTea has developed about 130 branches in the Philippines, ansixix branches in UAE, soon to open in Singapore and Canada. Ramen Sekai, which has opened last 8 July, is Mr. Liu’s first restaurant business.     

 

 

‘I chose ramen for my first restaurant business because it’s my favorite food. I can do business with what I really like. It’s my belief.’           

 

 

As a Chinese – Filipino, Mr.  Liu’s taste buds have been made by his mother’s home cooking.   ‘My mother often cooks soup dishes for me. I like soup dishes so that I get to like ramen, too. 

 

Tan Tan Ramen (280 pesos), a signature ramen popular for its ‘multi layered deep and rich’ taste soup.

 

 

Before opening Ramen Sekai, I had cooked ramen almost every day for a year of trial and error. I tried to make real Japanese ramen, but it has a Filipino twist to satisfy local people.  The price of our ramens is affordable for young and fashionable Filipino people to enjoy. ‘

 

       

Mr. Liu named the restaurant Ramen Sekai, which means Ramen World in Japanese, as he wishes ramen will be a global food and his restaurant will be globally successful in the future.

 

 

Ramen Sekai
Tower 2, The Columns, 6821 Ayala Ave. Cor. Sen. Gil J. Puyat Ave., Makati City  (Opposite RCBC Plaza) 
Business Hours : 10am-10pm

For Delivery  : 0995-303-4715 / (02) 7915-6784

For Franchise :  0917-834-2255