国際結婚インタビュー ジョイさん&雅一さん

この記事をシェア

2021年10月13日

【マニラで考える異文化コミュニケーション】

 

 

毎日が異文化コミュニケーション!? フィリピン在住の国際結婚カップルインタビュー

 

 

ジョイ・パヒランガ・ナカムラさん  教育省シライ事務所勤務。西ネグロス州シライ市出身。 

中村雅一さん(カトリック洗礼名フランシスコ・ザビエルさん) フィリピンでの通称フランシス。フリーランス・イラストレーター、ブロガー。兵庫県尼崎市出身。 結婚23年目。男の子(グレード9)1人。

 

Joy Pahilanga Nakamura   Project Development Officer, Schools Division of Silay City, Department of Education, Hometown: Silay city, Negros Occidental, Philippines

Masakazu Nakamura Francisco Xavier  Illustrator, Blogger, Hometown: Amagasaki City, Hyogo Prefecture, Japan Joy and Masakazu have been married for 23 years. They have a son, who is now in the 9th grade of secondary school. 

 

 

Photo Courtesy of Masakazu Nakamura Francisco Xavier

 

 

 

遠距離恋愛、一目惚れ、禁煙。カルチャーショック皆無

Love at First Sight. No Smoking. No Culture Shock.

 

 

―なれそめは?

 

雅一 日本のカトリック教会で知り合った友人の奥さんが、今の家内の叔母。彼女に紹介されて、当時はまだインターネットが普及しておらず、国際通話も高かったので、基本、手紙などによる日本とフィリピンの遠距離恋愛でした。1997年のお盆休みにネグロスの友人宅に遊びに行った時、バコロドの空港で初めて会って一目惚れ状態。結婚までの交際期間は8カ月(そんなに短かったのか~!)でした。

 

―第一印象は?

 

雅一 私が以前に持っていたフィリピン女性のネガティブなイメージをすべて覆すほど、真面目でキッチリした性格。それに加えて、フィリピン人らしい美質もある。

 

ジョイ 信頼できてやさしそうだなと思いました。知的で読書家、仕事でいろいろな国に行ったことがあり、話題も豊富。いっしょにいて楽しいところに惹かれました。

 

―結婚の際に大変だったことは?

 

雅一 母親のフィリピン人への偏見が強烈で、当初は大反対。

 

ジョイ 父は文化の違いや一人娘が遠い海外で暮らすことになると心配して、私が外国人と付き合うことは、初めは好ましく思っていませんでした。

 

―フィリピンで暮らそうと思われた理由は?

 

雅一 私の日本での生活、主に某電機メーカーの工業デザイナーとしての仕事が精神的に辛くなり、2013年に移住しました。

 

―家庭での言語は?

 

雅一 最初の数年は英語。家内が日本語を習得した後は、子どもも含めて日本語。

 

 

―カルチャーショックの経験は?

 

雅一 私がフィリピンに慣れていたことと、家内が時間、金銭、対人感覚などにおいてフィリピン人らしからぬ(?)性格で違和感がなかったので、これと言ったカルチャーショックはありませんでした。家内はあるようですが(笑)

 

ジョイ 最初、彼がすごく速く歩くのが嫌で、一緒に歩くといつも息が切れました。でも、日本にしばらく住んでみたら、私も早歩きになりました。また、彼はヘビースモーカーだったんです。私がタバコをやめるように言って、やめてくれたのはうれしいです。

 

―国際結婚に大切なことは?

 

雅一 最初の頃から国際結婚という意識がなく、夫婦一般として大切なこととして、愛情表現をしっかりすることだと思います。言葉や態度で。これは日本人同士でも変わらないでしょう。それと同時に、不満をためないこと。ちゃんと口頭で伝えるのが大事。

 

ジョイ 辛抱です。

 

 

How did you come to know each other?

 

Masakazu:  I met Joy’s aunt at a catholic church in Japan. She introduced Joy to me, and we started a long-distance relationship between the Philippines and Japan. Visiting a friend of mine in Negros in the summer, 1997, I met her in person for the first time at the Bacolod-Silay International Airport. I felt in love with her at the first sight. We had been in a relationship for eight months before getting married.

 

What was the first impressionof your partner?

 

Masakazu:  Joy overturned my negative perception of Filipino women as she was honest, neat, and have a good trait as a Filipino.

 

Joy:  The first time I saw him in 1997, he seemed to be a trustworthy and kind person. He is intelligent, having read so many books and has traveled a lot throughout his career. He can talk about a lot of topics and I found this really appealing. He can be fun to be with if he chooses to.

 

What were the challenges before getting married?

 

 

Masakazu:  My mother had a prejudice against Filipino people and strongly objected to my marriage.

 

 

Joy:  At first, my father did not want me to be in a relationship with a foreigner, considering cultural differences and the possibility of his only daughter living so far from home.

 

 

Why did you decide to settle in the Philippines?

 

 

Masakazu:  It’s because I was worn out from a stressful life as an industrial designer at an electric appliance company in Japan. I migrated to the Philippines in 2013.

 

 

What is your language of communication at home?

 

 

Masakazu:  We communicated each other in English for a few years after getting married. Now Joy, our son and I speak Japanese at home as Joy learned Japanese.

 

Did you have any culture shocks?

 

 

Masakazu:  I had no culture shocks because I understand what the Philippines and Filipino people are like. I am relieved to know that she is punctual and responsible with money.

 

 

Joy:  At first I hated him walking too fast. I always had to catch my breath when we walked together. But after living in Japan for a while, I also acquired the habit. He used to be a chain smoker but quit smoking with my encouragement. I was so happy that he quit smoking.

 

What’s the secret to a happy international marriage?

 

Masakazu:  It’s important to express your affection with words and attitude to your partner whether you are an international marriage couple or not. Be sure to set aside time for talking to your partner before getting fed up with your him / her.

 

 

Joy:  All you need is patience.