お宅拝見 金子翔一さん

この記事をシェア

2021年8月12日

【住めば都 住めばマニラ】

 

マニラで暮らす日本人のハウジング & ライフスタイル

 

Housing & Lifestyle Interviews

 

 

金子翔一さん 通称「ポギ」 タギッグ市BGCのコンドミニアムに一人暮らし。築6年、家賃は3万5,000ペソ、スタジオタイプ(40平方米)。日本人をはじめフィリピン人を理想のボディーに導くパーソナルトレーナーとして活躍。現在はBGCにあるオレンジフィットネスに勤務。在比6年。 Shoichi “Pogi” Kaneko 6 years in Philippines. Mr Kaneko lives in a condominium in BGC, Taguig City. Rental is 35,000 php/per month. 40sqm, Studio Type. He is a personal fitness trainer working at“Orange Fitness” in BGC.

 

 

評判が良く、快適度はお墨付き
即決で決めたBGCのコンドミニアム

 

 

 マニラ首都圏の新興ビジネスの中心地タギッグ市BGC(ボニファシオ・グローバル・シティー)にある今のコンドミニアムには2020年11月から住んでいます。それまではマッキンリーヒルのコンドミニアムに住んでいました。引っ越した理由は、勤務先まで徒歩5分以内で行けるからです。

 

 このコンドミニアムは日本人に評判が良く、立地条件と部屋の広さからすると家賃が手頃だったので他の物件は見ませんでした。即決ですね。間取りはスタジオタイプというより1Kのような感じです。コロナ禍の中で引っ越したので入居には迅速抗体検査の結果が必要でしたが、そのほかは平時の引っ越しと変わることはありませんでした。

 

   
 フィットネスのパーソナルトレーナーをやっているので、自分の健康管理には常に気を付けています。食事は基本、自炊。今のコンドはキッチンが広く、気に入っています。入居時に冷蔵庫と冷凍庫一体型の小さなワンドアの冷蔵庫が設置されていましたが、不便だったので2ドア冷凍冷蔵庫に買い替えました。BGCにはコストコのような会員制大型ショッピングモール「S&R」があるのも便利です。

 

 

1日に5リットル以上の水を飲むので、水を常にストックしている。

 

 

リラックスとフィットネスが
融合したリビング

 

 キッチン以上に気に入っているのは、リラックスとフィットネスを融合させたリビングです。昨年の強化コミュニティ防疫の時は散歩もジョギングも禁止、コンドミニアムのジムも閉鎖されたので、家で有酸素運動ができるようにエアロバイクを購入しました。

 

フィットネスとリラックスが融合するリビングルーム。コロナ禍で運動不足にならないようにエアロバイクを購入

 

 私の場合、洋服も部屋も昔からシンプル・イズ・ベスト。この部屋は家具付きでしたが、派手な色のソファーや奇妙な置物などがなかったのもよかった。フィリピンのインテリアには首をかしげることも多いのですが、逆にフィリピン人から見ると私の部屋のインテリアは寂しいと思われるかもしれないですね。

 

  フィリピンに来てから、ケソン市、マニラ市、マカティ市、タギッグ市のマッキンリーヒルとBGC、4都市5地区で暮らしましたが、今のところこのBGCのコンドミニアムが最も気に入ってます。

 

 

 

Made a Prompt Decision on a BGC Condo with

Good Reviews among Japanese Residents

 

 

I have been living in this condominium in Bonifacio Global City (BGC) Taguig City, the new business hub of Metro Manila since November 2020. I used to live in a condo in McKinley Hill The reason why I moved in the current condo is because I can walk to work in minutes.

 

This condo has good review among Japanese people and renting price was affordable for its location, room capacity and qualities. so, I did not see any other properties. It was a prompt decision. The unit is furnished and studio type but looks like 1K. I moved in this condo during the pandemic, I needed to provide negative result of rapid antibody test of Covid-19 to move in. Other than that, it was no difference from moving in normal times. 

 

Working in the fitness club as a personal fitness trainer, I cook myself to do take care of my health. The kitchen is one of favorite places in my unit. It is a little bit too big for living alone. A one-door small refrigerator was originally in the unit, but there was not enough capacity. I wanted a separated freezer so that I bought a 2-door fridge. It is convenient for me to live in BGC where a membership shopping mall “S & R” is located.

Living Room is Fusion of Relax and Fitness

 

My most favorite space in the unit is the living room. I call it a fusion of relax and fitness. During the enhanced community quarantine (ECQ) in last year, there were so many hard restrictions. Banned walking around, running and riding bicycle, and gym and swimming pool in condo were closed. In that time, I bought an exercise bike.

 

I love to live like “Simple is Best”. This my condo unit is furnished and no fancy-colored sofa or /and strange ornament which was also good points. Philippines’ interior decorations are questionable for me sometimes, but The minimum interior of my unit seems boring and bland to Filipino people.

 

Since I came to the Philippines, I lived in five districts in four cities, Quezon City, Manila City, Makati City, McKinley Hill and BGC in Taguig City. I like this BGC condo best so far.

 

Photos courtesy of Shoichi Kaneko