フィリピン人経営の日本料理店が増殖中!?

この記事をシェア

2021年7月30日

 

 最近、フィリピン人が経営する日本料理店が増えているように感じます。日本料理を食べて楽しむだけではなく、自分で日本料理店を始めるのがフィリピン人の和食ファンの間でブームになっているのかも? 日本料理ブームと言われて久しいですが、すでに現地の人たちが日本料理店を経営するまでに浸透しているというのは、和食の国際化として喜ぶべきことなのかもしれません。

 

 

 先日、久しぶりにマカティ市ブルゴス、ポブラシオンを歩いていたら、カラヤアン通りに新しい日本料理店Yugi Japanese Restaurantがオープンしていました。同店のオーナーは、アイダ(Aida)さん(37歳)。日本料理への思いをうかがいました。

 

 

アイダさん Yugi Japanese Restaurant オーナー

 ポブラシオンの店は、私にとって3店目の日本料理店です。1号店はサンフアン市P.ゲバラ通りにオープンしたのですが、コロナ禍で閉店し、現在は昨年5月にオープンしたマンダルーヨン市ショウブルバードの2号店と、11月に開店したポブラシオンの店を営業しています。

屋外席もあるポブラシオンの店。はしを持った手が鶴のように見えるロゴが印象的。Yugi Japanese Restaurant , 8459 Kalayaan Ave, Poblacion, Makati City

 

 

 

 私は日本料理を学び、日本料理のシェフとして5ツ星ホテルで働いていました。日本料理との最初の出会いはよく覚えていないのですが、とにかくいろいろな日本料理店へ行って食べましたね。フィリピン人がどんな日本料理が好きか、どんな味が好きなのかを調べて、店のメニューに生かしています。当店では刺身、寿司、ラーメンが人気です。 

 

 

 

 

 

 日本料理の中で、私は特に刺身と巻き寿司が好き。シェフとして中東料理や西洋料理もつくることができますが、やはり日本料理が好きなんです。本当に健康的な食事だと思うので。Yugiでは、2022年に向けてビッグプランを準備中です。詳細はまだ秘密です。