未分類

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか調べてみました。今回は、第3代大統領ホセ・P・ラウレルを父に持ち、フィリピン史上ただ1人、副大統領、首相、外相の3ポストを兼任したサルバドール・ラウレルです。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回はその名もゆかいなケソン州ルクバンの名物、パンシット・ハブハブです。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか、気になって調べてみました。今回は、マニラ市のロハス大通りに建つラジャ・スレイマン。1570年、スペインとの戦いで活躍した戦士です。

休日に家族や恋人、友だちと日帰りでサクッとマニラのどこかに行きたいと思ったら、おすすめなのが水族館! マニラ・オーシャンパークは驚くこといっぱいのスポットです!

恒例の日本映画の祭典「JFF2024」(Japan Film Festival)、2月1日(木)スタート! 名作、話題作14作品を無料で観ることができるチャンスです。ファミリー向け映画も目白押し!マニラを皮切りに、セブ、バギオ、イロイロ、ダバオで順次公開。

マニラにはいたるところに像があります。いったいあの像は誰なのか、気になって調べてみました。今回はマニラ市にある高山右近像です。

個性的な屋台が立ち並ぶマーケットには、ショッピングモールとは違う魅力があります。マニラには週末にのみ開かれるマーケットもたくさん。その中から今回はマンダルーヨン市のグリーンフィールド・ウイークエンド・マーケットを紹介します。

激務の合間の連休を満喫すべく、記者がカビテ州タガイタイへ2泊3日の現実逃避行。今回はタガイタイの名物料理とスイーツを紹介します!

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回は日本の酢の物そっくりなエンサラダン・ピピノです。

摩訶ふぃりぴん:シンガポールの名物料理フィッシュヘッドカレーをマニラで探してみつけた個性的な3軒のレストラン。フィッシュヘッドカレーを食べたことがある人は懐かしの味を思い出し、未体験の人はこの機会にぜひトライしてみてください!

摩訶ふぃりぴん:記者になって取材で外出するようになってから、気付いたこと。それは、自分が「晴れ女」であることだ。取材はスムーズに進むけれど、晴れ女ゆえの悩みもあって……。

フィリピンのローカルフードを食べ歩き、その魅力をお伝えします! 今回はイロイロ市発祥の麺料理バチョイです!

三越BGC(首都圏タギッグ市)にガシャポン・バンダイ・オフィシャルショップがオープン!  行ってきました!

「Qシネマ国際映画祭」が17日に開幕。11回目を迎える今回は、国際的な映画祭の受賞作品や映画史に残る話題作、問題作を含む65作品が26日まで上映されます!

ナビマニラ10月号2023年(Vol.106)巻頭企画:ネコ好きによるネコ好きのためのネコ特集/ネコにまつわるウンチク/フィリピンネコ事情 動物保護団体インタビュー/うちのネコの話/街ネコスナップショット/連載コラム:フィリピノ・ワールド/マニラで直撃一問一答Q25/フィリピン料理deしりとり/摩訶ふぃりぴん/イベントガイド/ナビセブ:特集バディアン・アイランド・ウェルネスリゾート/マクタン島でウクレレデビュー/フィリピンの絶品フルーツ10選 ほか

ナビマニラ9月号2023年(Vol.105)巻頭企画:マニランチ/フィリピンのランチ 主役はカレンデリア/突撃マニラの昼ごはん/インタビュー Ayumiさん/ナビマニラ記者 ランチ日記/魔訶ふぃりぴん/連載コラム:フィリピノ・ワールド/マニラで直撃一問一答Q25/フィリピン料理deしりとり/イベントガイド/ナビセブ:特集1:週末だけで気軽に楽しめる カモテス諸島/特集2:雰囲気の良いお店で乾杯 セブ島のお洒落なバー&ダイニング  ほか

フィリピン進出45周年を迎えたブリティッシュ・カウンシルが、英語試験「IELTS」の受験準備に役立つオンライン教材 「IELTS Ready: Premium」を配布開始。

摩訶ふぃりぴん:マカティのグリーンベルト5にある「ホノルル・カフェ」。2月の開店以来、人気を博すこの店へ行ってきました。「ハワイ料理」を求めて行ったのですが……待っていたのは本格香港料理との出会いでした!

摩訶ふぃりぴん:最近の物価高に悩まされる中、マニラを中心に食料・日用品が安い「DALI」が続々オープン! マカティにオープンしたDALIを紹介します。

フィリピンの貧困地区のごみ集積場で労働に従事する子どもたちを8年の歳月をかけて撮ったドキュメンタリー映画『YIELD』。数々の賞に輝いた同作の最終編『子どもの瞳をみつめて』(原題:YIELD Final Version)が、日本各地で上映されます。この作品に込めた思いを、瓜生敏彦監督に聞きました。

ビールファンをうならせるクラフトビール専門店をマカティで見つけました!「スリーフォックス・クラフトビール」はなんとボトル1本90ペソから! エール、IPA、白ビールなどどれもこだわりのクラフトビールならではのおいしさを味わえます。

摩訶ふぃりぴん:マニラの中華街ビノンドの焼き肉まん「上海煎包」に目がない記者が、最近マカティのアヤラ駅構内で「生煎包」を発見。チャイニーズなメリエンダはいかがでしょう?

[摩訶ふぃりぴん] フィリピンのデザート、アイススクランブルって知ってますか? ハロハロの陰に隠れていまいち認知度が低いかもしれません。もし屋台を見つけたら、ぜひトライしてみてください!

焼肉、しゃぶしゃぶ食べ放題の「Tong Yang(冬陽)Plus」、と老舗中国料理店「Mey Lin(梅林小館)」の食事割引券500ペソを、400ペソにて販売中!(まにら新聞広告部)

まにら新聞発行のフリーぺーパー&ウェブサイト『ナビマニラ』をいっしょにつくりませんか? 編集職の経験をお持ちの方でライフスタイル情報に興味がある方を募集しています。

先日行われたNBAファイナルに盛り上がるフィリピン人のバスケットボールファン。バスケットボールが大人気の一方で、フィリピンでは東南アジアで人気のサッカーの存在が薄い。これはなぜなんだろうと思いをめぐらせてみました。

マニラ在住美術作家、山形敦子のマニラのアートの話。マカティ市アンダーグラウンドギャラリーにて参加するグループ展がもうすぐ始まります。グループ展の紹介と、アートの鑑賞の仕方について。

フィリピン最大のインディペンデント映画祭「シネマラヤ・フィリピン・インディペンデント・フィルム・フェスティバル」が8月7日に開幕。16年目を迎える今回はコロナ禍のためオンラインで開催。短編映画コンペティション出品の10作品などが配信される。予告編はこちらからどうぞ。