【趣味人に会う Meet the Enthusiasts】キャンプ Camping

この記事をシェア

2021年9月15日

 

ネルソン・ジョン・ベルトランさん Mr. Nelson John Beltran マニラ市生まれ、ラグナ州サンタロサ市在住。テクニカルサポートおよび日本人の英語教師として勤務。「今33歳で3児の父となり、コロナ禍の影響もあって山へひとりでキャンプに行くのは月1〜2回。サーフィンを本格的に始めたいと思っています」 Originally from City of Manila, Mr. Beltran lives in Santa Rosa, Laguna and works as a technical support and English teacher for Japanese students. ‘Being a father of three kids at 33 now, I managed to go solo camping in a mountain once or twice a month due to the pandemic. I think about starting another hobby, surfing. ’

 

 

 

 

現実逃避としてのキャンプ。
テントが自分の家だった

 

 

 本格的にキャンプを始めたのは2001年、14歳の時。ラグナ州のロメロ山に行きました。子どもの頃に親と別れ、いろいろな親類に預けられて育った私は、自分が置かれている状況から逃げたいという思いからキャンプを求め、テントこそが自分にとって家と呼べる場所でした。キャンプへ行くことで自己肯定感や自由、独立心を得ることができたと思います。

 

 

 山が好きで、キャンプや登山に必要な知識は経験から学びました。フィリピンでは1年を通じてキャンプ、山登りを楽しめます。乾季には山頂からの景色と夜空の星がすばらしく、雨季には山の滝が、豊富な水量で壮観な姿を現します。

 

ロメロ山にある7つの滝の一つ。 One of the seven waterfalls at Mt. Romelo

 

 

 これまで行った中で一番印象に残っているのは南コタバト州のメリベンゴイ山。キャンプ場があるホロン湖畔の景色は、現実離れした美しさ。また、ベンゲット州のプラグ山は山頂からの雲海の眺めが最高でした。これからキャンプを始める人には、マニラから車で数時間で行けるラグナ州ロメロ山やバタンガス州のバチュラオ山をおすすめします。

 

山で死にそうになった

 

 

 低い山やビーチでのキャンプには友人たちと行くこともありましたが、20代はほぼソロキャンプでした。本を読み、のんびりとした時間を楽しむんです。18歳の時、ベンゲット州へ1人旅をして山を登り、村を訪ね、農家で働いて宿と食事を提供してもらいながら1カ月間過ごしました。この旅はひとりアラスカへ旅立った米国人青年の実話を描いた映画「イントゥ・ザ・ワイルド」に触発されたものでした。

 

 

 同行者がいて助かったこともあります。ヌエバビスカヤ州のアムヤオ山で天候が急変して大雨が降り、初の登山で身体が慣れていない私は低体温症で死にかけました。緊急にテントをはり、同行者が適切な処置をしてくれて助かりました。こんな経験をしても山、キャンプをやめようとは思いません。いつかヒマラヤに行って現地の文化に触れ、もし体力的に可能ならエベレストに登るのが夢です。

 

「キャンプ料理はパスタや麺など簡単に調理できるものがメインですが、すぐには悪くならず、ご飯に合うアドボも最適」 ‘I normally cook pasta or noodles which are easy to prepare. Adobo is one of the ideal food while camping because it doesn’t spoil easily and best to partner with rice.’

 

 

Escape from the Real Life
My Home is in a Tent

 

 

It was 2001 when I set on a camping trip on my own. I was 14 years old. I went to Mt. Romelo, Laguna.I was separated from my parents as a kid and raised by relatives. I wanted to go camping to escape from the situation I was in and craved for a place I could call home – my tent. Camping gives me self-reliance and independence. I love mountains and learned essential knowledge about camping and mountaineering through experience. We can enjoy camping and climbing mountains all through the year in the Philippines. During the dry season, you see the scenic view of the land below from the summit and stars in the sky at night. In the wet season, mountains with waterfalls become magnificent with abundant water.

 

 

 

My most favorite camping spot is Mt. Melibengoy (Mt. Parker) in South Cotabato. The view of the camping site by the Lake Holon is just surreal. Mt. Pulag, Benguet is also memorable with a scenic view of the sea of clouds. For those who start camping, Mt. Romelo, Laguna and Mt. Batulao, Batangas are recommended because they are conveniently accessible by car from Manila.

 

 

I did a lot of solo camping in my 20s while I enjoyed camping with friends in small mountains and beaches. I like relaxing myself and reading books when camping. When I was 18, I was inspired by the movie ‘Into The Wild’, which is based on a true story of an American guy who set on an adventure alone going to Alaska, and I traveled to Benguet alone for a month, climbing mountains, visiting villages, working at farms .

 

 

 

Almost dead n a Mountain

 

 

I was rescued by companions during my first major climb on Mt. Amuyao, Nueva Vizcaya. I almost died of hypothermia because of the sudden weather change. We set up an emergency camp on the narrow trail in the heavy rain. Despite such dangerous experience, I never quit camping. I wish I could go to the Himalayas to experience their culture, and climb Mt. Everest if my body permits.

 

 

Photos courtesy of Mr. Nelson John Beltran