ライフスタイル

マニラ暮らしの基本となる住まい。在留邦人に人気のマカティやBGCのコンドミニアムの空室や家賃は、コロナ禍の中でどのような状況なのでしょうか。ほのぼの不動産の屋良朝彦さんに聞きました。

マニラを愛するマニラブのたくせきさんが今回紹介するのは、フィリピンのお茶。フィリピンには健康に良い効果が期待できるお茶もいろいろあるんです。日頃のティータイムに、そしてお土産にも便利なフィリピンのお茶をどうぞ!

私たちにさまざまなインスピレーションを与えてくれる「空間」。フィリピンの自宅やオフィスをより快適な空間にしてくれる選りすぐりの3つのブランドを紹介します。

【ペットと暮らすマニラ】愛犬、愛猫と一緒にフィリピンから日本に行くには出入国手続きはあるの?飛行機には一緒に乗れるの? 飼い主さんに代わり必要な動物検疫手続きを行ってくれる動物病院や、航空会社のペット搭乗サービスなど帰国時に必要な情報を紹介。

【ペットと暮らすマニラ】犬猫にやさしい自然派の石けんをシニア犬用に購入。虫よけ効果があるとノーザン・フィリピン大学の先生が発表したフィリピン伝統のハーブ「マドレ・デ・カカオ」とは?

【ペットと暮らすマニラ】ケガをして足が腐りかけた状態の猫を保護したのがきっかけでマニラでも活動開始。これまで30匹以上の保護猫と里親になりたい方をつなげてきたHanaoさんに、マニラでの保護活動について聞きました。

【ペットと暮らすマニラ】コロナ禍で犬や猫の伴侶動物を飼う方が増え、犬はシーズーやラブラドール・レトリバーなどで、猫はペルシャ猫や保護猫などが人気だと言います。アニマルハウスに務めるリア・アンジェニカ・マーティン獣医師にフィリピンで犬猫を飼う注意点などを聞きました。

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(6):獣医師の畠中さんは、アラバンで出会った目も見えない状態の子猫を放っておけず、保護しました。その猫との暮らしについて、またフィリピンでペットを飼う場合の心構えを聞きました。

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(5): ポーラさんがマカティでいっしょに暮す3匹の猫の関係は、なかなか複雑なようです。猫は家について、人にはなつかないと言われることがありますが、ポーラさんの持論は?

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(4): マカティで2匹の猫と暮らす有路さん。ペルシャ猫を飼っていたはずが・・・と疑念が生じ、睡眠を妨害され、猫の食事に腕をふるうことになった有路さんが行き着いた猫を飼う境地とは?

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(3):2匹のチワワと暮らす池田さんご夫妻。奥様が日本からマニラに連れてきた愛犬のボストンテリアの話、そしてチワワを飼うことになった出会いと、ぺットがいる暮らしについて聞きました。

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(2): パンデミックで在宅時間が長くなったのを機に 、ミニチュア・シュナウザーのソニアちゃんを飼うことにした小池ゆかりさん。楽しい時も悲しい時も反応してくれるソニアちゃんとの愛情あふれる暮らしを聞きました。

マニラでペットと暮らす飼い主さんインタビュー(1):忠犬ハチ公の映画を見て、秋田犬が飼いたくなったというナットさん。残念ながら秋田犬を飼うことはあきらめましたが、代わりに見つけたのが柴犬。今では柴犬が大好きになったナットさんに聞きました。

コロナ禍によるロックダウンで混乱した語学留学先としてのフィリピン。コロナ禍を経て考えるべき後悔しない学校、エージェント選びとは。マニラケソン英語学校協会の樫原貴志代表が解説。フィリピン留学、オンライン英会話の体験談も記載。

コミュニティ防疫により休校を余儀なくされた語学学校は、どのように対応し、また今後を見据えていかなる対策をしているのでしょうか。バギオとセブで英語学校ストーリーシェアを運営する松本文夫さんに聞きました。

本気で英語を学ぶなら、目標を持とう。 客観的に自分の英語力を知ることができる英語の資格試験をめざそう。     満点講師によるレッスン    真剣に英語力向上をめざす    日本で有名な英語の資格試験TOEIC… 続きを読む

フィリピンにいるうちに「英語をやりなおしたい」「英語力を磨きたい」と思い、語学学校を探すにはどうすればよいか。マニラケソン英語学校協会(MQESA/エムケーサ)の樫原貴志代表がマニラ首都圏での学校選びについて語る。ケソン市へ留学した日本人の方の体験談も。

マニラ-クラーク高速鉄道と首都圏地下鉄の建設が決まり、交通インフラの拡充が期待されているが、現状では交通の主役はやっぱりジープニー。何よりも各地に縦横無尽に張り巡らされた路線網は利便性が高く自分に必要な路線を覚えれば、2、3回の乗り継ぎで大… 続きを読む

戦後、米軍の放出ジープを改造して庶民の足に フィリピンにしかない乗り物といえば「ジプニー」。単にジープと呼ばれることのほうが多い。エアコンを利かした大型のジプニーもマカティ市あたりでは見かける。ベンツのフロントグリルをつけ、ホイールキャプは… 続きを読む

  空港利用客へのクリスマスギフト要求は厳禁」と公団総裁が警告 Airport staff warned: No asking passengers for Christmas gifts Airport staff risk losing… 続きを読む

マニラ日本人会ソフトボール大会で、りま組が春光会下し3年ぶり優勝 第22回ソフトボール大会(主催・マニラ日本人会)決勝戦が11月20日、首都圏タギッグ市のマニラ日本人学校グラウンドで行われ、りま組(予選7位)が13対12で春光会(予選6位)… 続きを読む

「ビコール・エクスプレス」試運転車に同乗 かつて「花形路線」と人気があったフィリピン国鉄(PNR)の南方長距離列車「ビコール・エクスプレス」。数年前までは、マニラ市トゥトゥバン駅と南カマリネス州ナガ駅を結ぶ377キロの路線を、JR東日本から… 続きを読む

オートバイにサイドカーを取り付けたフィリピンならではの移動手段、トライシクル。通常は人を乗せますがこのトライシクルは日常雑貨を屋根まで満載した移動店でした。 よく見るといろんなものが積まれています。屋根にくくりつけているのはラタン製のゆりか… 続きを読む

BIR hires 12 interpreters as interviewers (The Manila Standard) AT LEAST 12 Chinese-speaking interpreters were hired by … 続きを読む

イタリアのベネチアをコンセプトにしたベニス・グランド・キャナルモールが昨年12月3日、マニラ・アメリカ記念墓地の南にオープンした。いわゆるフォート・ボニファシオ地区に隣接しており、モール内の映画館はVIPシネマを備える。今回フィリピンの映画… 続きを読む

フィリピン留学記  アダムソン大学 須貝京子 ___現在正規留学生としてアダムソン大学に在籍しつつ、同市内にあるデラサール大学の英語学校で勉強しています。デラサール大学は早稲田大学との提携校でもあり、名のある大学です。アダムソン大学とはまた… 続きを読む

■ Erap plan to convert Rizal Coliseum into a mall scored ___Arguing that another shopping mall would not do any good on … 続きを読む

今年の「ホーリー・ウィーク(聖週間)」は4月9日(日) から始まる1週間。翌週の日曜日、16日がイースター(復活祭)で、生き返った「キリストの復活」を祝福する日です。聖週間期間中は、プロセッション(宗教行列)や道路に設けられた祭壇など、リゾ… 続きを読む

マニラから飛行機で約1時間半のマスバテ島はマニラから南東の方角に位置している。そのマスバテで毎年4月に開かれるのが「ロデオ・マスバテーニョ祭り」だ。 カウボーイ姿の男女が逃げ回る牛に素手で飛びついて、柔道の絞め技のように首をひねって力ずくで… 続きを読む

アダムソン大学 須貝京子 ____早稲田大学を3年で休学し、フィリピン留学を決意。マニラ市にあるアダムソン大学で現在、大学1年生としてマスメディアを専攻しています。1学期終了後の夏休み期間で、まにら新聞社でインターン生としてお世話になり、ち… 続きを読む