ライフスタイル

日本人が巻き込まれやすいと思われる典型的な窃盗や強盗事件を紹介    フィリピン観光省によると、今年5月にフィリピンを訪れた日本人観光客は月間約2万5000人で、アジアでは韓国人に次いで2位。しかし、同時に、フィリピンで… 続きを読む

 フィリピンから日本に封書や小包を確実に送りたい時には、EMS(国際スピード郵便)を使う。発送日から数えて2~3日で日本の送り先に着く。貴重品が入っている場合には、通常の国際郵便では不安なためEMSを利用する人が多い。窓口で郵便局員が内容物… 続きを読む

領事館での手続き方法  [在フィリピン日本国大使館] Embassy of Japan in the Philippines 2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila ☎(02)551-5… 続きを読む

 [トラブルにあわないために] フィリピンにはフィリピン的生活ルールがあるので、それをよく知り、理解して滞在・生活をしていくことがいちばん大切だ。まずフィリピン人の生活作法から学ぼう。 ※病気や医療については「病気やけがに備えて」を参照。 … 続きを読む

 ■ フィリピンの病院で戸惑わないために  日本の病院では治療費、検査費、手術代、薬代、医師の診察料金などすべてまとめて一枚の請求書で支払うが、フィリピンではそれぞれ別個の請求が来るので戸惑うことがある。 別個請求の理由は、フィリピンの病院… 続きを読む

■ フィリピンの魅力はどこに フィリピンはほかのアジアの国々、たとえばベトナムやタイ、ジャカルタや上海などと比べると、めぼしい観光スポットや世界に名だたる名所旧跡、そしておいしい料理という点では負けている。しかしそれでも近年、フィリピンへの… 続きを読む

■ クレジットカード ホテルやレストラン、デパートやスーパーでは、マスター、Visaはじめアメリカン・エクスプレス、JCB、ダイナースなど各種カードが利用可能。 ■  ATM(現金自動預け払い機) 街中の通りやビル、ホテル、ショッピングモー… 続きを読む

 [両替は空港で小額を、残りは市内のモールなどで]   円からペソへの両替は空港の両替所だとどうしてもレートが悪くなるため、5,000円程度の必要最低限の額を替え、残りの額は市中両替商かショッピングモールの中にある両替所で替えることがお勧め… 続きを読む

 [入国手続き]  <空港に到着→入国→入国審査→荷物受け取り→税関→タクシーでホテルへ>  1) 入国審査(Immigration)                                               … 続きを読む

■ 気をつけよう現金の持ち込み!外貨の持ち込みは1万ドル相当まで  フィリピン中央銀行規定では、1万ドル相当以上の外貨を持ち込む際には空港税関に申告が義務づけられている。この規定に違反すれば、空港税関に身柄を拘束され、場合によっては検察局に… 続きを読む

                                                まずは空港から宿泊先まで                          (編集: 「ナビ・マニラ」 Navi Manila)  マニラ(ニノ… 続きを読む

■ 日本でのマニラ生活電話帳お申し込みの手順 ■ 価格:銀行振込 3,820円 代引き宅急便 4,150円  (送料・消費税込み) ① Emailでご連絡ください。所定の事項をご記入の上、そのままコピー、ペーストして送付してください。   … 続きを読む