【ペットと暮らすマニラ】4年かけて決心「犬を飼おう!」My dream dog came to me after 4 years.  

この記事をシェア

2021年7月15日

 

小池ゆかりさん
現地メディア「マニラブ」Webメディア編集長。マカティ市在住。4月24日にやってきたミニチュア・シュナウザーのソニアちゃん(メス、6カ月)。犬を飼ってまもない新米ママ。
Ms. Yukari Koike, web media chief editor, Japanese web magazine“MANILOVE”, lives in Makati City with Sonia, a 6-month-old female Miniature Schnazer.

 
 

 フィリピンに来た4年前から犬を飼いたいと思っていました。ただ、私がよく飲み歩くタイプだったので、家を不在にすることが多く、なかなか踏ん切りがつかず、気付くと4年の月日が経ってしまいました。

 

 コロナ禍で家にいる生活が普通になった頃からペットを飼うことを改めて真剣に考え、思い立ったが吉日! ということですぐにブリーダーを見つけ、連絡しました。

 

 そして出会ったのがミニチュア・シュナウザーのソニアです。ソニアが家に来てから、何かうれしいニュースがあった時は、ソニアに駆け寄ってハイタッチ! こんなふうに喜びを共感してくれる一方で、悲しいことがあって抱っこすると、「何か悩みでもあるの?」といった顔で見つめてくれます。

 

フィリピン生活は一人暮らしの予定だったのですが、そばにいてくれるパートナーができて、飼ってよかったと心から思っています。

 

 とにかく24時間、全ての瞬間がかわいい。最近特にかわいいなぁと思うところは、私の気を引くためにおしっこをすること。ほめてほめてほめまくって育てていることから、トイレが成功するとたくさんほめてもらえることをわかっているのでしょうね。ないはずの尿意を振り絞って、オシッコをちょろっとします。私はこれを「ビジネスオシッコ」(笑)と呼んでいます。

 
 

ソニアにとって初めての友だち

 

 My dream dog came to me after 4 years.  

 
 

 Over the past four years since I came to the Philippines I have wanted to have a dog. I did not have one because I often hung out with friends after work. But I got to have more time to spend at home due to the pandemic, I decided to have a dog from a breeder.

 

 Since Sonia, a female Miniature Schnauzer, came to my house, I share the good news with her, giving a high five. When I feel sad, Sonia looks at me as if she was asking,’ Are you OK?’. I am happy to have an adorable partner living with me in the Philippines.         

 

家に来たばかりの頃のソニア

 

Photos courtesy of Yukari Koike