navi vol 83

27年間野菜をほとんど食べていない偏食主義者で肉食中心の食生活の実践者、ナビマニラのフィリピン人カメラマンのショーンが、今話題のプラントベースフードに挑戦! 仕事かパワハラと聞かれると返答に困りますが、食べた感想を聞いてみました。

フィリピンでベジタリアンを実践している方にインタビュー③:インド出身のニラル・ダマニさんの家族の食事は、ジャイン教に基づくベジタリアン。しかし、野菜でありながら、命に対する配慮から食用とできない野菜があります。それは・・・・・・?

フィリピンでベジタリアンを実践している方にインタビュー②:ラ・トリニダドでオーガニック農法の普及活動をしつつ、玄米菜食を実践する岡田昌子さん。11年におよぶ玄米菜食により、自覚する体に起きた変化とは?

フィリピンでベジタリアンを実践している方にインタビュー①:マカティのビーガンレストラン、グリーンバーを経営するジェデラニ・サントスさんに、ビーガン料理への思い、そしてビーガンがフィリピンでも急速に注目を集めていることについて聞きました。

【カラダとココロロの食生活】体によい食物と聞くと、やはり注目したくなるものです。中には「スーパーフード」と呼ばれる食物もあります。栄養学の専門家であるジョイP・ウィルワイコ・ティさんに食物が持つ栄養と働きやCovid19感染を防ぐ食物について聞きました。

前回のマニラの中華街ビノンドでのカエル料理につづき、マニラブは今回、ビノンドに行ったら、迷わず行くべし!買うべし!かぶりつくべし!とおすすめの超人気店の肉まんを紹介。このコスパ最高な肉まんを食べずしてビノンドを語るなかれ!

セブに初めて来た時、そのパンの違いに驚いたという蝶谷正明さん(セブ日本人会)。セブに移住した時には「パン対策」のために日本からあるものを持ち込むほどだったそう。蝶谷さんが見つめてきたセブのパン、ベーカリーの変遷とは?

摩訶ふぃりぴん:マニラきってのビジネス街マカティ市が、チキンウイングの聖地へまっしぐら!? マカティと言ってもマカティスクエア界隈限定での現象ですが、手羽先食べ放題が続々出現中!(まだ2軒ですが)。記者の手羽先食べ放題挑戦の記録です。

「フィリピン語はローマ字読みでOK。発音も簡単」。こんなふうに言われるのを聞いたことはありませんか? 実はフィリピン語の発音は奥深いのです!今まで通じていたけど・・・・・・という方もぜひ読んでいただきたい日英・タガログ語通訳のデセンブラーナ悦子さんの解説です。

ナビマニラ11月号/2021年(Vol.83)巻頭企画:カラダとココロの食生活 /沖縄フードフェスティバル、マカティで開催/東京の魚をマニラで堪能。/連載コラム:フィリピノ・ワールド/#まにら散歩/セブ通信/北の町バギオから/摩訶ふぃりぴん /SNAILWHITE ホイップソープが当たる読者アンケート

ナビマニチャンネル11月のラインナップ紹介! 見たら直行したくなる日本食材店20%OFFセール!、マニラの楽器店におじゃま&ちょっと演奏してみた、ホテルオークラマニラの日本料理店「山里」のおせち料理にうっとり、そして、ハーフ3人が語ります! 日曜午後7時(日本時間午後8時)お見逃しなく!

北の町バギオから:コロナ禍で博物館も開館が制限される中、フィリピン大学バギオ校にある先住民族をテーマにした「コーディリエラ博物館」はオンラインで企画を発信し、好評を博しています。環境 NGOコーディリエラ・グリーン・ネットワーク代表の反町眞理子さんのレポートです。

東京都が水産物の海外販路開拓をめざす「東京アイランズ・シーフード・フェア」がオンラインで行われ、マニラの飲食店関係者などが試食会に参加しました。東京は意外にもさまざまな高級魚の産地だったんですね。東京の魚をフィリピンで食べることができる日がやってきますように。