ナビマニラ フィリピンと日本をつなぐマニラ発生活情報

天気

為替

%e9%ad%94%e8%a8%b6%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%94%e3%83%b3

%e9%ad%94%e8%a8%b6%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%94%e3%83%b3

魔訶フィリピン

フィリピン料理といえばシニガンやアドボ、シシグなどが有名なところ。ですが、記者が一番好きなフィリピン料理は、パーレスです! まだ食べたことがない方はぜひ!

社会、文化によって受け入れられたり、またはネガティブなイメージを持たれたりするタトゥー。はたしてフィリピンでは? 身近に意外にタトゥーが多いことに気付いた記者のつぶやき。

マカティのスーパーマーケットのレジでは紙袋に入れてくれていたが、パンデミックが始まってからプラスチック袋になった・・・・・・。自称「地球にやさしい記者」のつぶやき。

フィリピン人は信心深く、迷信も信じる人たち。日常の生活の中で、迷信に基づいて行動するのを目にすることもよくあります。記者が経験したフィリピン人あるあるの一部を紹介!

マニラ湾でホワイトサンド・ビーチの造成が進む一方で、マニラ市バセコ地区には地元の人たちでにぎわうビーチがある。このローカルなビーチ、昨年までは全く違う光景が広がっていた・・・・・・。

コーンチップスにグワカモーレをつけて食べたくなった記者。マカティのスーパーマーケットにアボカドを買いにいったところ、たまたま手にして買うことになったアボカドの値段に驚かされることに・・・・・・。

マニラに住んで早4年余が経ち、現地の言葉にも慣れてきたと思う記者。しかし、タガログ語ではなく、マニラで使われる略語と英語。略語を理解しなくては新聞を読むのも大変なほどフィリピンは略語の嵐。また英語のフレーズを聞いて、昔習った表現を懐かしく思い出します。

運航停止と再開を繰り返していているパシッグ川フェリーに久しぶりに乗ってきました。ロックダウンが始まってから、7カ月ほぼ会社と自宅の往復しかしていない記者がついに街歩き、プチ旅行を決行!

日本ではコメの消費量が減っているといわれますが、フィリピンは逆。3食ご飯が当たり前で、まさに「ご飯がなくては食べた気がしない」「No Rice, No Life」なのが、フィリピンの基本的な食文化。フィリピン人の「ご飯愛」が気になります。

フィリピンの食卓でおなじみのバグス(ミルクフィッシュ)が国魚と呼ばれるのに対し、「大統領の魚」と呼ばれる魚がいる。フィリピンで最も高価な魚といわれ、フィリピン人の同僚も聞いたことも食べたこともないというまさに幻の魚とは?

マカティで紙幣が落ちているのを見つけ、近くにいた警備員に届けた記者。当然のことをしたと思っていたら、意外にもフィリピン人の同僚から異論が噴出。マニラでお金を拾ったら、どうすべきなのか・・・・・・?

フィリピンで寿司ベイク(ベイクト寿司)なるものが流行していると9月になって初めて知った記者。What’s 寿司ベイク?からはじまり、ネットにあふれる寿司ベイクの情報を見ながら、ロックダウン中の社会の動きをつかめていなかった反省を込めて、初めて寿司ベイクを食べてみました。

今日10月1日は旧暦8月15日、中秋節(Mid-Autumn Festival)。この中秋節にまつわる菓子といえばムーンケーキ、月餅。マニラのスーパーで月餅は売られているものの、いまいちフィリピンでは盛り上がっていない中秋節と月餅について考えてみました。

マニラのハンバーガー業界は、ジョリビー、マクドナルド、バーガーキング、ウェンディーズ、モスバーガーなどがしのぎを削っています。そんな中で「独自路線」を歩むのがバーガーマシン。安くお腹を満たすことができるフィリピン発のハンバーガーマシン、あなたは食べたことがありますか?

さまざまな車が走っている車社会マニラ。その中でも最近よく見るのがSUV、そして荷台付きのピックアップトラック。米国で人気のピックアップですが、一見、マニラの道路事情にはとても合っているとは思えません。しかし、選ばれるのには理由がありました。

マニラの道は自動車も多いが、オートバイも多い。バイクが好きで、バイクで通勤しているスタッフに聞いてみると、フィリピンのバイク免許は日本のバイク免許よりも、おおらかで、オールマイティ感があることが判明。フィリピンは意外にもバイク大国、バイク好きにとってはありがたい国なのではと思えてくる。

フィリピンのビール市場に君臨する巨人と言えば、サンミゲル。しかし、サンミゲルのほかにもフィリピンのローカルビールは存在します。まぼろしのフィリピンローカルビール。あなたは飲んだことありますか?

納豆なしでは生きられないナビマニラ記者。これまで住んだ東南アジアで買った納豆をふりかえりつつ、ついにマカティの自宅で納豆づくりを思い立つ。はたしてその結果は・・・。そして納豆をつくってたどり着いた境地とは?

マニラのスーパーマーケットには大きなスパゲティ売り場があり、ファストフード店に行けばスパゲティがメニューに載っている。クリスマスや誕生日のお祝いにも欠かせないスパゲティ。しかし、フィリピンではスパゲティは主食としては扱ってもらえない。微妙な立場のスパゲティについて考える。

マニラのコンビニやスーパーマーケットに行くと、エナジードリングがずらり。その中でもフィリピンが誇るエナジードリンクといえば、コブラ。カラフルな色の種類もそろっていてアピール十分。そんなコブラにはまってしまったナビマニラ記者のつぶやき。

マニラのファミリーマートに突如現れた、おにぎり。のりとごはんが一体化する包装は日本のおにぎりと同じく、味は鮭など日本でおなじみのものや、シシグ、スパムなどフィリピンらしい味もそろっています。ほかの和食に続き、フィリピンにオニギリブームが来る日も近い!? マニラブの実食レポ動画付き!!

マニラのスーパーマーケットでよく売られている冷凍の魚の切り身。クリーム・ドリーと言うなんともおいしそうな響きの魚だが、実はその魚の正体は意外な魚だった。普段は自炊をしない記者でも簡単につくることができた、その魚の切り身を使った料理「プアマンズ・ロブスター」とは?

マニラでの暮らしは毎日が異文化コミュニケーション。英語が公用語というけれど、あなどれないこともある。そしてフィリピン人のタガログ語の会話によく出てくるのが「ディバ?」という言葉。はたしてこのタガログ語の単語の正体は? 

マニラのスーパーマーケットの缶詰コーナーの品揃えは、ちょっと驚くほどの充実ぶり。いろいろな魚の缶詰がある中でめだつ「SABA」の文字。今注目のサバ缶だと何気なく買って、家で開けてみたら・・・・・・。「SABA」缶はいつもサバ缶とは限らない?

通勤途中、木の上から聞こえる虫の鳴き声。懐かしい日本の夏に思いを馳せつつ、フィリピン人にその虫について聞いてみると、意外にも知らないことが判明。姿を見せないその声の主はいったい何なのか? マニラにその虫はいるのか?

フィリピンに限らず、海外で困るのが理髪店でのコミュニケーション。気が付けばかれこれ40年ほど髪型は「スポーツ刈り」なのだが、海外の理髪店でちゃんと伝えることができて、納得のいく髪型に仕上がった記憶がない。案の定、マニラでも・・・・・・。

マニラでコミュニティ防疫が始まってから、行く先々で検問、いや、検温を受けることになっている。非接触式で額に当てる体温計で測るのだが、どうも数値が変な時がある。熱がなくて安心しべきか、その数値に不安になるべきか・・・・・・。

フィリピンにいたら避けて通れない(?)フライドチキンとご飯の組み合わせ。日本人としてはこの組み合わせは「アリ」か「ナシ」か迷ってしまうのだが・・・・・・。