ナビマニラ フィリピンと日本をつなぐマニラ発生活情報

天気

為替

hotel-metromanila

hotel-metromanila

マニラ首都圏 Metro Manila

徐々に観光地もフィリピン国内からの旅行者の受け入れを再開しています。デョスカバリー・ショアーズ・ボラカイでは観光客を受け入れる側として安全・安心めのための対策を徹底。そろそろリゾートへ旅行、またはマニラでステイケーションの計画を練ってみては?

マリキナ市にある「本の博物館&民俗学センター」には、創設者が248カ国を旅して集めた書物や世界最小の本、そしてフィリピン北部と南部の民族にまつわる品々を展示する。展示物はすべて創設者個人のコレクションというから驚く。フィリピンの奥深い文化と、世界について知ることができる博物館だ。

世界有数の歴史を持つ中華街、首都圏マニラ市のビノンド地区。チャイナタウン・ミュージアムがビノンドの歴史についてのオンライン講義をフェイズブックで実施。

「フィリピンの靴の首都」と呼ばれ、靴の博物館まであるマリキナ市。どうして靴の産地として発展したのか、その歴史を探ってみると・・・・・・。激動の時代を経て今の世代に受け継がれるマリキナの靴について紹介します。

いきなり旅行記  観光名所、珍スポット、ローカルグルメ…記者が思うままに綴る。 The World is Your OYSTER! ブルゴスの路地に佇むオイスターバー A Kept- Secret Hideaway Oyster Bar i… 続きを読む

A place with diverse offerings in artistic vibe is “Cubao Expo” by: Atsushi M. クバオエキスポは1977年に行われたマリキナ・シュー・エキスポがその前身。U字型に… 続きを読む

World’s Largest Chinatown Arch in Binondo マニラ市の城塞都市イントラムロスの横をすり抜け直進すると、北に向かってパシッグ川にかかるジョーンズ橋がある。緩やかなアーチ状の橋の中ほどを過ぎる… 続きを読む

かつてのフィリピンの首都、ケソン市の中心に広がる憩いの場 from Quezon Memorial Circle ウォーキング、エアロビクス、散策をそれぞれに楽しむ かつてのフィリピンの首都、ケソン市の中心に広がる憩いの場 ケソン・メモリア… 続きを読む

Nostalgia Philippines ≪フィリピン 今・昔≫ ブティック・ホテルに生まれ変わった戦前の米軍社交クラブ Rizal Park Hotel is the manifestation of what life and ele… 続きを読む

Oden House at Cartimar Market カルティマール市場の中に、おいしい料理が食べられる食堂がある。日本食材店「はっちん」や「飛鳥」から見ると、ちょうど向かいの建物にあり、路地の上に看板がかかっている。その看板が無けれ… 続きを読む

日本では「土用の丑の日」は夏の風物詩でウナギ商戦に熱が入る。ここフィリピンには丑の日はないが、ウナギを好んで食べる人たちがいる。「スタミナと精力がつく」という評判らしい。 マニラの中華街ビノンドにある市場「アレンケ」。ここでは首都圏近郊や遠… 続きを読む

アセアン・ガーデン マニラ市イントラムロス内 ASEAN Garden in Intramuros by: Kei Nomura フィリピンは今年の東南アジア諸国連合(ASEAN)の議長国だ。8月初旬にはマニラでASEAN外相会議が開催。「… 続きを読む

雨期の季語? ホテイアオイの絨毯の上を進む パシッグ川の渡し船 片道5ペソ、1日に300人が利用 所要時間1分渋滞なし! 雨季になるとパシッグ川の上流にあるラグーナ湖から流れてくる浮草の「ホテイアオイ」。川面を埋め尽くしまるで緑の絨毯(じゅ… 続きを読む

    Makati Sunday Market @ Salcedo St., Legaspi Village, Makati City ビジネス街であるマカティ市のレガスピ地区では毎週日曜日サンデーマーケットが開かれる… 続きを読む