旅・街歩き

山間に海の様に広がる一面の白い雲。登山で出会える絶景の一つである雲海は、1500~2000メートル級の山でしか見られないと思っている方が多いのではないだろうか。今年6月、ルソン地方リサール州タナイ町カユムバイに新しく開かれたマイサワ登山道は… 続きを読む

近所総出で「稲こき」作業 ―ボホール島カルメン町― ボホール島のチョコレートヒルを見学に行った帰り、道ばたで地元の人たちが稲こき(脱穀)をしていた。女の人も男たちに交じっていた。赤や紫色の派手なTシャツを着たり半ズボン姿だったり、

  「逆境にめげない」力をいかんなく発揮、困難乗り切る。 by: 八巻久美子(ブラカン州在住)    ここフィリピンで、酪農を始めてからはや5年半が経ちました。振り返ってみれば、あっという間の歳月でした。私達夫婦が、フィ… 続きを読む

「ビコール・エクスプレス」試運転車に同乗 かつて「花形路線」と人気があったフィリピン国鉄(PNR)の南方長距離列車「ビコール・エクスプレス」。数年前までは、マニラ市トゥトゥバン駅と南カマリネス州ナガ駅を結ぶ377キロの路線を、JR東日本から… 続きを読む

圧巻の仕掛けが待ち受ける 豪快・爽快な自然公園 峡谷にかかる長さ50メートルのハンモックや、ワイヤー製の巨大な「クモの巣」が! マニラ首都圏から太平洋側のケソン州インファンタへ山越えして抜けるマルコスハイウェイを車で約2時間、巨大な石灰岩の… 続きを読む

1月15日(日) サントニーニョを祝福するビサヤ地方最大の宗教祭り 毎年1月の第3日曜日、セブで開催される「シヌログ」は全国から観光客が訪れる、ビサヤ地方で最大の宗教的な祭りで、規模では全国一。9日間続くこの祭りは「幼きイエス」の聖像、サン… 続きを読む

初心者でも気軽にフィッシング By マイク白石 ダイビングで世界的に有名なプエルトガレラは、マニラ首都圏南郊のバタンガス港から船で約1時間のところにある、ミンドロ島最北端の町です。世界で最も美しい入り江としてユネスコにも選ばれた、海に恵まれ… 続きを読む

Art Town Baguio Ili-likha Artist Village, Assumption Road, Baguio City, 2600 Cafe 「Ili-likha(イリ・リカ)」 文・写真:山本佳波   バギ… 続きを読む

オートバイにサイドカーを取り付けたフィリピンならではの移動手段、トライシクル。通常は人を乗せますがこのトライシクルは日常雑貨を屋根まで満載した移動店でした。 よく見るといろんなものが積まれています。屋根にくくりつけているのはラタン製のゆりか… 続きを読む

フィリピンのいちばん南にあるタウィタウィ島はイスラム教徒の住む島で州都ボンガオ町の小高い場所にはドーム型の屋根をもつ州庁舎があります。夜が明けるころになるとたくさんの地元の人たちがジョギングがてら、庁舎の周りに集まってきます。写真(2013… 続きを読む

水上セスナ機の注目度UP!     ___マニラとパラワンやボラカイなどの観光リゾート地を直接結ぶ水上セスナ機が2015年に就航、欧米人や富裕層を中心に利用者が増えている。 ___セスナ機は海側からロハス大通りに向かって… 続きを読む

ベネチアと聞いたときあなたは何を思い浮かべるだろうか。歌を歌い陽気に観光客を歓待するゴンドラ乗りの姿だろうか。それとも絶世の美少年ビョルン・アンデルセン主演で映画化された「ベニスに死す」か。いずれもベネチアのシンボルである運河を思い浮かべる… 続きを読む

マニラ首都圏から日帰りで行くゆったりハイキングにおすすめ。山頂まで片道約2時間、登山道も分かりやすく整備されておりガイドなしで登れる。300~600mごとに休憩ポイントがあり、道中の展望台で景観を楽しめるのもうれしい。汗をかいて疲れたら、若… 続きを読む

来年3月、新ボホール空港が完成予定 大地震から復興するボホールを協力隊員がリポート Another tourist spot in Bohol! New airport to open next year in Panglao Island… 続きを読む

Panagbenga Festival パナグベンガ祭り(バギオ市) 2月25日(土)と26日(日)ストリートパレード ___高原都市で開かれるサマーシーズンの祭典 バギオ・フラワーフェスティバル(パナグベンガ)。 この祭りは古い世代から新… 続きを読む

View of Manila City from The Intramuros ___マニラ市の観光地、イントラムロス内の「The Bayleaf Intramuros Hotel」の屋上は、夕方になると旅行者やカップルでにぎわってくる。こ… 続きを読む

初心者でも気軽にフィッシング  By マイク白石 前回 は家族連れでも楽しめる比較的浅場を探る五目釣りをご紹介しましたが、今回はもう少し深場のポイントで中、大型の魚を狙う中・深場釣りをご紹介します。 この釣りは、主に水深100~300㍍位の… 続きを読む

マニラ首都圏からバスで約5時間、リンガエン湾に浮かぶハンドレッドアイランズはその名の通り100以上の小島が青い海に散らばった景観で知られる。ガイドブックには昔から掲載されているものの、人気のパラワンやセブ、ボラカイの影に隠れ気味。2016年… 続きを読む

フィリピン留学記    アダムソン大学 須貝京子 私は早稲田大学に在学中、とあるサークルに所属しており、そこでハンセン病という病気を知りました。ハンセン病は感染症であり、肌がただれ、見た目が醜くなることから人々に恐れられ、差別されたそうです… 続きを読む

戦前の日本人移民ゆかりの街を紹介する、 「バギオ歴史探訪アート・マップ」の完成まで 小国秀宣(北ルソン日本人会代表)   「バギオ・ボーイ」との出会いがきっかけに この歴史探訪マップを作るきっかけとなったのは、戦前のバギオ市にあっ… 続きを読む

Another tourist spot in Bohol & a new airport to open next year in Panglao Island! 誰にも教えたくない。そんな隠れ家的リゾートホテルが点在するのがアン… 続きを読む

1814年のマヨン火山噴火で埋もれた町 マヨン火山との対比がすばらしい レガスピ市近郊の絵になる観光スポット ビコール地方を代表する観光スポット、カグサワ教会遺構。マヨン火山の大噴火で埋もれたこの教会はアルバイ州の州都レガスピ市の北西8㌔、… 続きを読む

The highlands of South Cotabato is the town of Lake Sebu, home to the indigenous T’boli tribe. ミンダナオの南コタバトの高原にある湖の… 続きを読む

    Makati Sunday Market @ Salcedo St., Legaspi Village, Makati City ビジネス街であるマカティ市のレガスピ地区では毎週日曜日サンデーマーケットが開かれる… 続きを読む

マニラから飛行機で約1時間半のマスバテ島はマニラから南東の方角に位置している。そのマスバテで毎年4月に開かれるのが「ロデオ・マスバテーニョ祭り」だ。 カウボーイ姿の男女が逃げ回る牛に素手で飛びついて、柔道の絞め技のように首をひねって力ずくで… 続きを読む

12月に入ると通りやモールではクリスマスのイルミネーションが点灯しはじめ、「メリークリスマス」のあいさつが交わされるなど、いよいよシーズン真っ盛りとなる。看板などでよく見かける「マリガヤン・パスコ」は「メリークリスマス」、「マニゴン・バゴン… 続きを読む

「フィリピンで一緒に旅してくれてありがとう!」 両親は共に70代。自分が年を重ねてくると自然親はそんな年になる。 その両親が今回マニラに遊びに来てくれた。それなりの滞在期間があるのでマニラだけでなくどこかに出かけたいと思い検討してみた。 あ… 続きを読む

マナルモン山  160m ブラカン州サンミゲル町 フィリピンの自然といえば美しい白砂のビーチを想像する方が多いだろう。セブやボラカイ、パラワンなど有名どころから穴場まで無数のビーチリゾートがある一方、フィリピンには魅力的な景観を誇る山々が全… 続きを読む

雑草が生い茂りホーム跡は住民の物干し場 Meycauayan PNR Station in Bulacan マニラからマッカーサー・ハイウェイを北へ30分ほど行くと、右手の雑草が生い茂った中に旧国鉄のメイカワヤン駅がひっそりと残っていた(写… 続きを読む

 ミンダナオ島とボホール島に挟まれたカミギン島はセブから南へプロペラ機で約50分ほどのところにある、真珠貝の形をした小さな火山島だ。フィリピン国内にある火山の3分の一近くがこの島にあるとも言われており、19世紀の噴火で生まれた「オールド・ブ… 続きを読む